F1 2018年のF1世界選手権
2018年のF1選手権はテレビ視聴率の増加を目指して大部分のレースのスタート時刻が15時10分に変更されることになりそうだ。

昨年、F1の新オーナーとなったリバティメディアの首脳陣は、F1のタイムテーブルを刷新することを望んでいる。これまで典型的なヨーロッパのレースは、何十年にもわたって伝統的に現地時間14時からスタートしていた。

真剣に検討されている案のひとつは、週末のスケジュールを全体的に1時間後ろ倒しにするというもの。複数の情報筋によると、このアイデアは先週のテレビ放送局との会議でチームと議論されたという。

さらに商業テレビチャンネルのカバレッジ、特にアメリカの視聴者とスタート前に広告をはさむ必要性により、レース開始をさらに10分後ろ倒しにして現地時間15時10分に開始するというアイデアが議論されているという。

レース開始時刻についてF1の代表者らは正式なコメントをしていないが、2018年のレギュレーション調整によってタイムターブルを変更する範囲はさらにオープンになっている。

F1の競技レギュレーションの32条と33条が変更になり、フリー走行と予選の正確な開始時刻は指定されなくなった。

代わりに車検後の2つのプラクティスセッションは“少なくとも2時間半”の間隔を空ける必要があると記され、またレース前日にプラクティスセッションを実施しなければならず、予選は“レース前日に実施”され、“P3終了後の2時間以内に開始しなければならない”と付け加えられている。

タイムテーブルの変更は日中に行われるレースにのみ適用され、シンガポールとバーレーンのナイトレース、アブダビのトライライトレースは除外される。

また、今年のF1フランスGPの開始時刻は、午後2時にキックオフとなるイングランド対パナマのワールドカップとかぶることを避けるためにさらに1時間遅い現地時間16時10分からの開始が予定されているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: テレビ放送