トヨタの2014年02月のF1情報を一覧表示します。

レクサス、RC F GT3 conceptをジュネーブショーで世界初公開

2014年2月28日
レクサス RC F GT3 concept
レクサスは、新型高性能クーペRC Fをベースにしたレーシングカーのコンセプトモデル「RC F GT3 concept」をジュネーブモーターショーで初出展する。

レクサスは、ブランドの根幹にある「お客様の期待を超える驚きと感動を提供し続ける」という想いを実現するにはモータースポーツは欠かせないものであると考えており、今後この分野での活動を更に強化する。

トヨタ、スープラの名称を米国で商標登録・・・スープラ復活?

2014年2月19日
トヨタ スープラ
トヨタが、『スープラ』の名称を米国で商標登録していたことが判明。現在開発中とされる新たなフラッグシップスポーツカーがスープラとなる可能性が報じられている。

トヨタ スープラは、2002年で生産を終了。その後、トヨタは、2010年にスープラの名前を米国で商標登録していたが、2014年1月末でその商標登録は期限切れとなっていた。

トヨタ、2014年のWEC全戦2台参戦が正式決定

2014年2月14日
トヨタ
トヨタは、2014年のWEC世界耐久選手権で2台のTS040 HYBRIDでシリーズ全戦を戦うことが正式決定。また、WEC参戦ドライバーのチーム編成を見直した。

2月13日、FIA/ACOから、2014年FIA世界耐久選手権(WEC)のエントリーリストが発表された。

ドライバーラインナップに変更はないが、チーム編成を変更。これまで7号車を担当していたニコラス・ラピエールは、今年は8号車に移り、一方、ステファン・サラザンが8号車から7号車に移ることとなった。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム