トヨタの2011年10月のF1情報を一覧表示します。

トヨタ FT-86、耐久レースでレースデビュー

2011年10月16日
トヨタ FT-86
トヨタは、ニュルブルクリンク耐久レースシリーズの第9戦で開発中のFRスポーツカーであるFT-86をデビューさせた。

FT-86は、2009年の東京モーターショーでコンセプトカーが発表され、“ハチロク”の復活として注目を集めているモデル。

ノーマルに近いスペックで出走したNo.258 FT86は、大きなトラブルもなく安定したラップタイムで周回を重ね、総合120位、クラス3位でデビューレースをフィニッシュした。

トヨタ、2012年からFIA世界耐久選手権に参戦

2011年10月14日
トヨタ FIA世界耐久選手権
トヨタは、2012年シーズンからFIA世界耐久選手権に参戦することを発表した。

これまでACO(フランス西部自動車クラブ)がル・マン24時間レースを頂点とするシリーズ戦を欧・米・アジアでルマンシリーズとして開催してきたが、本年3月にFIAとACOがこのル・マン・シリーズをFIA世界耐久選手権として2012年より開催することで合意している。初年度となる2012年シリーズは、ル・マン24時間レースに加え、欧州、米国、アジアで、シリーズ戦が計画されている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム