F1 ピエール・ガスリー
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、2018年のF1世界選手権 第13戦 ベルギーGPへの意気込みと舞台となるスパ・フランコルシャン、そして、夏休みをどのように過ごしていたかについて語った。

今週、ピエール・ガスリーが、2019年にダニエル・リカルドの後任としてレッドブル・レーシングのドライバーを務めることが発表された。だが、ガスリーは残り9レースでF1でのチャンスを与えくれたトロロッソ・ホンダのために全力を尽くすと語る。

「休み期間中は、仲のいい友人や家族とゆっくり時間を過ごすことができた。その最中に2019年シーズンにレッドブル・レーシングからF1に参戦することが決まったと聞いて、僕にとって最高の夏休みになったね。」

「ダニエル・リカルドがチームを去るというニュースを友達と見た数日後に代表のヘルムート・マルコから電話があって、リカルドの後任に僕が決まったと知らされた。本当に嬉しいし、とても興奮している」

「2013年にレッドブルのプログラムに加わってから、ずっと夢見ていたことがついに実現したわけだからね。まだ今シーズンは残り9レースがあるので、F1参戦のチャンスをくれたトロロッソのために、全力を尽くしていきたいと思っている。できるだけ高い順位でシーズンを終えたい」

「ギリシャへ旅行に行ってからフランスに戻ったあとは、シーズンの残り期間に向けての充電をしていた。友達とサーフィンやウェイクボード、サッカーをしながら太陽と海を存分に楽しむことができた」

「ハンガリーGPが終わったあとは数日、トレーニングをしない日もあったが、その後からあまり無理しないようにまたトレーニングを始めていて、先週からはかなり本格的に追い込んでいる。残り9レースに向けて、万全の体調で臨みたいからね」

「スパは僕の一番好きなサーキットだ。どのカテゴリーで走っていても本当に大好きだと思えるぐらいで、すばらしいトラックだと思う。ダウンフォースが増したF1マシンで走るのが楽しみだね。残りのシーズンの幕開けをスパで迎えられるのはすばらしいことだ。ここでは2016年のGP2シリーズ、それ以前のフォーミュラ・ルノー3.5でも優勝したことがあり、いい結果を残してきている」

「シミュレーターでは何度か走っていて、データ上は僕たちにとって厳しい戦いになることが予想されているけど、チャンスを逃さず戦えるよう、ベストを尽くすつもりだ。3週間ぶりにF1マシンのハンドルを握るのが今から待ちきれない」

「正直、夏休み中もずっとレースのことが頭から離れなかった。競争する感覚が恋しかった。友達とスポーツをして遊ぶときも、必ずなにか競争になる要素を入れようとしていましたから(笑)。競争が僕のモチベーションを高めてくれるんだと思う。レースウイークが始まるのが待ちきれない!」

関連:2018年 F1ベルギーGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | レッドブル | トロロッソ | ホンダF1