オスカー・ピアストリがマクラーレンF1正式デビュー「今から来年が楽しみ」
マクラーレンのルーキーであるオスカー・ピアストリは、ヤス・マリーナで新しいチームとの有意義なテストを楽しみ、2023年のF1デビューにむけて改善する必要がある「良いアイデア」をすでに得たと語った。

2022年のF1世界選手権の最後の公式走行として実施されたF1アブダビテストは、2023年にF1デビューするニューカマーにとっては最初のアクションの日でもあった。

F3とF2を初年度に制して、ダニエル・リカルドを蹴落として鳴り物入りで2023年にF1デビューを果たすオスカー・ピアストリは、待望のマクラーレンでの公式デビューを「良い初日」と称賛し、123周を走り、来年に向けてどこを改善する必要があるかについての洞察を含め、多くの知識を集めた。

「クールなフィーリングだ。昨年(アルピーヌで)行ったヤングドライバーのテストとはまったく違うフィーリングだ」と走行後に21歳のオスカー・ピアストリは語った。

「F1カーで楽しむ日だと分かってはいたけど、今年は来年に向けたビルディングブロックだ。」

「でも、マクラーレンで初日を迎え、チームの全員と知り合い、改善を試み、来年に向けてスピードを取り戻すことができたのは素晴らしいことだった。かなり特別だった」

オスカー・ピアストリは、9時間の走行で14番手タイムを記録したが、セッションの目的は環境に慣れることだったので、ラップタイムは無意味だと語った。。

「それが今日のような日の鍵の1つだ。ラップタイムに関しては、他の人が何をしているのかわからないので意味はない」とオスカー・ピアストリは語った。

「それは一日の一番の目的ではない。エンジニア、メカニック、チームの全員と知り合うことが重要だ。覚えなければならない新しい名前がたくさんあるけど、それは今日最も重要なことの1つだ。特にチームのエンジニアと良好なコミュニケーションを取ることだ」

「どうやってフィードバックを与えるか、何を調整したいかを学び、お互いに学び合う。それが今日の100%だ」

また、マクラーレンF1のプレスリリースでは「マクラーレンとの良い初日だったと思う」とオスカー・ピカストリは語った。

「僕たちは多くのラップを行い、多くの実験を行った。それがまさに今日の重要なことだ。来年に向けてどこを改善すればよいか、良いアイデアが得られた。本当に楽しかった。ようやくコースに戻って2022年マシンを体験できてうれしい」

「今から来年が楽しみだ。来週ファクトリーに行ってチーム全員に会う。その後、来年に向けて準備するためにマクラーレンとの仕事に戻る前に少し休憩する」

マクラーレン・レーシングのエグゼクティブディレクターであるアンドレア・ステラは、テストの主なタスクは、オスカー・ピアストリのチームとの統合と最大数の走行距離を獲得するだったと強調した。

「ここアブダビでのポストシーズンテストは、多くの重要な作業を完了することができた生産的な日だった」とアンドレア・ステラは語った。

「まず、オスカーをMCL36に乗せ、チームに溶け込ませることができたのは素晴らしいことだった。今日の彼の主な目的は、できるだけ多くのマイレージを獲得し、彼をチームとの作業に慣れさせることだった」

「ランドにとっては、来年に向けてこれらのピレリタイヤに関する情報を収集できたことは有益だった」

当然の休暇に出発する前に、ランド・ノリスは最後のランニングを「有意義」な日だったと述べた。

「ピレリが2023年に向けてタイヤを開発するのを助け、タイヤがどのように機能するかについて重要なデータを収集するために、これらのタイヤに時間を割くことができて良かった」とランド・ノリスは語った。

「シーズンを締めくくる生産的な日だった。ピレリとチームのハードワークに感謝したい」

「これからは2023年シーズンに向けた準備に集中し、来年のスタートに向けて全力を尽くすことに集中して冬に向かう」

オスカー・ピアストリ マクラーレンF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / オスカー・ピアストリ / マクラーレン