【動画】 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝 ハイライト
F1エミリア・ロマーニャGP 決勝のハイライト動画。2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPの決勝が4月18日(日)にイタリアのイモラ・サーキットで行われた。

決勝直前の雨によってウエットコンディションとなったレースはフォーメーションラップでシャルル・ルクレール(フェラーリ)がスピンを喫する波乱の様相を呈してのスタート。レースは34周にバルテリ・ボッタス(メルセデス)とジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)のクラッシュによって赤旗中断。そこを境に2つのパートに分かれたようなレースとなった。

優勝は3番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)。スタート直後にルイス・ハミルトンと軽く接触しながらもトップに躍り出ると28周目にドライタイヤに交換してトップをキープ。リスタート前のフォーメーションラップでスピンしかける場面もあったが、それ以降は危なげない走りで優勝。通算11勝目。開幕戦の雪辱を果たした。ホンダにとっては1991年のアイルトン・セナ以来の30年ぶりのイモラ勝利となった。

2位はルイス・ハミルトン。ドライタイヤに履き替え、2番手でフェルスタッペンを追いかけていた31周目にバックマーカーを抜こうとしてコースオフするというらいくないミス。フロントウイングを壊すが、そこで赤旗中断という運が味方した。マシンを修理し、新品タイヤを履いたハミルトンは9番手から素晴らしい挽回を見せて2位でフィニッシュ。最終ラップではファステストラップを記録してランキング首位の座を守った。3位はマクラーレンのランド・ノリスが自身2度目の表彰台を獲得した。

5番グリッドからスタートしたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は、ウエットタイヤでスタートするというチョイスが裏目に出てしまい、序盤に順位を落とし、インターに交換したことでさらに後方に落とし、赤旗中断時には14番手。しかし、リスタート後に挽回し、2ポイントを獲得した。

2番グリッドからスタートしたレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、オープニングラップで4番手に後退。さらにニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)のクラッシュによって入ったセーフティカー期間中にコースアウトした後、2台を抜いて順位を取り戻したことで10秒のストップ&ゴー・ペナルティを科せられる。赤旗中断時には4番手にいたセルジオ・ペレスだが、ソフトタイヤを選択したことが裏目に出て単独スピン。その後もコースオフなどもあり、12番手でフィニッシュ。

最後尾からのスタートとなった角田裕毅は、オーピニングラップで14番手まで順位を上げ、13番手を走行中の27周目にミディアムタイヤに交換。この交換が上位勢のピットストップの引き金となる。赤旗中断時には10番手にいた角田裕毅だったが、ペレス同様にソフトタイヤを選択が機能せずに単独スピン。最終的に13位でレースを終えた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1動画 / F1イタリアGP