F1 マクラーレン
マクラーレンは、F1スペインGPの予選で、ランド・ノリスが11番手、カルロス・サインツが13番手だった。

ランド・ノリス (11番手)
「かなり満足している。最後のプッシュラップではほぼ全ての場所で改善できたけど、小さなミスでいくつかの順位と最終的にはQ3進出を犠牲にしてしまったかもしれない」

「昨日から予選がそれほどうまくいかないことはわかっていたけど、レースペースはもっと有望だと思う。11番手だけど、ペナルチによって1つグリッドが繰り上がるし、フリーでタイヤを選べるので明日を楽しみにしている。悪い一日ではなかったけど、Q3に進出できていればもっと良い一日になっていただろう」

カルロス・サインツ (13番手)
「今日はトリッキーなセッションあったし、まだ理由を分析する必要がある。Q2まで予選はいい感じだった。最後のアテンプトでターン5でスナップが出てラップが妥協を強いられたし、セクター3でカバーしようとしてプッシュしすぎてしまい、ミスをしてしまった。それで終わりだ。レースペースには自信があるし、週末はまだ終わっていないので、明日にむけて徹底的に準備していく」

関連:【動画】 2019年 F1スペインGP 予選 ダイジェスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | F1スペインGP