フェラーリF1、新型コロナウイルスで3月27日までファクトリーを閉鎖
フェラーリF1チームは、新型コロナウイルスの大流行を受け、少なくとも3月27日までファクトリーを閉鎖する。

新型コロナウイルスはによって、すでに開幕から4戦が中止となっており、2020年のF1世界選手権のスタートはさらなる遅れが予想されている。COVID-19は企業にも影響を与えており、その結果、マラネロとモデナのフェラーリの組立ラインは停止している。

フェラーリは、部品の供給で最初の深刻な問題に直面しており、一時的に生産を停止する必要があった。土曜日に発行された声明で、少なくとも3月27日まで続くと述べた。

ただし、非生産活動はすべて継続され、4,000人を超える従業員全員に引き続き給与は支払われる。フェラーリのCEOであるルイ・カッミレーリは、これらの困難な時期に従業員に特に感謝していると語る。

「このような時期に、私は何よりも先にフェラーリの女性と男性に感謝している。この女性と男性は、過去数日間にわたる多大なコミットメントにより、当社ブランドを定義する情熱と献身を示してきた」

「サプライヤーと一緒に、彼らは会社の生産を世話してくれた。そして、彼らへの敬意から、彼らの心の安らぎと家族の平和のために、私たちはこの道を選んだ。我々は強力なリスタートの準備をしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ