F1:予選モード禁止の延期はホンダF1とメルセデスからの要請
FIA(国際自動車連盟)は、予選モードの禁止をF1イタリアGPまで延期したが、そこにはホンダF1とメルセデスが関係していたと報じられている。

当初、FIAは来週末のF1ベルギーGPから予選モードの禁止を導入する予定だったが、エンジンメーカーにダイナモテストの猶予を与えるためにF1イタリアGPまで1週間延期することをF1チームに通達した。

報道によると、1レースの延期を求めたのはホンダF1とメルセデスの2社だったと Motorsport.it が報じている。

ホンダとメルセデスは、エンジンが1つのモードでのみ使用される場合に問題がないことを確認するために、テストベンチでさまざまなエンジンマップを調査するためにより多くの時間を求めた。予選モードの禁止はレッドブル・レーシングが期待を寄せていることだが、ホンダF1はより多くの時間を要した。

一部のF1チームは、ベルギーGPに新しいエンジンを導入するため、奇妙な状況を作り出す。たとえば、エステバン・オコンは、すでに新しいガイドラインに準拠した新しいエンジンを搭載する。ただし、チームは古いモデルを使用することもできる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / ホンダF1 / メルセデス