F1 メルセデス
メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、ジュニアドライバーのためのシートがないという問題を解決するための案として3台目のマシンを走らせることを提案しているが、ライバルF1チームは難色を示している。

メルセデスは、2019年に育成ドライバーであるエステバン・オコンとジョージ・ラッセルのためのシート探しをしているが、難航している。

エステバン・オコンは、ローレンス・ストロールのチーム買収によるランス・ストロールの加入によってフォースインディアのシートを失うと考えられており、ジョージ・ラッセルは今季F2でタイトルを獲得した場合には来季は同シリーズに参戦することができないため活動自体が不透明となっている。

ライバルF1チームは、競合が抱え込んでいるドライバーを雇うことに消極的であり、マクラーレン、ルノーは、エステバン・オコンを採用しなかった理由にメルセデスとのコネクションを挙げており、レッドブルも同じ理由でトロロッソ・ホンダで起用することはないと言い切っている。

レッドブルは、ジュニアチームとしてトロロッソを所有して若手ドライバーを育っているが、トト・ヴォルフは3台目のマシンを走ることがジュニアチームを支援するよりも安価な解決策だと提案している。

以前もチーム消滅が相次いだ際に3台目のエントリーを認める可能性が議論されたことがある。

だが、レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「興味深いことではある。だが、実際的なことを考えれば、3台のマシンを走らせる場合、ピットストップのようなことは非常に複雑になるだろう」と Autosport にコメント。

「コンセプトに興味はあるが、それを実践するのは非常に複雑だ。特にミッドフィールドはそれに満足しないだろう」

現在、メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強チームがトップ6のポジションを独占しているが、それが3台に拡大されれば、中団チームは10位をかけて争うことしかできなくなる可能性がある。

ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、3台目のマシンのエントリーには反対だとはっきりと語る。

「我々は3台目のクルマには賛同しかねます」とクレア・ウィリアムズはコメント。

「チームと提携関係があり、3台目のクルマを走らせる。どのような結末になるでしょう? 間違った方向への一歩だと思います」

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、コンセプト自体には反対ではないが、実用性を実現するのは難しいだろうと語る。

「3台目のマシンのアイデアは好きだが、どうやって管理する? グリッドに余裕はあると思うが、全員にその余裕があるわけではない。特定のレースでは実現できるかもしれないが、平等かつ公平でなければならない」

関連:メルセデス、若手ドライバーのための3台目のF1マシン参戦を提案

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン | メルセデス