オトマー・サフナウアー 「アストンマーティンF1は私から責任を奪った」
オトマー・サフナウアーは、アストンマーティンF1チームを離れた理由について初めて詳細を明らかにした。

57歳のオトマー・サフナウアーは、2009年にアストンマーティンF1チームの前身となるシルバーストンを拠点とするチームに参加し、近年はチームプリンシパルとしてチームの成功の重要な部分を占めてきた。

しかし、昨年11月にオトマー・サフナウアーのアストンマーティン離脱と、アルピーヌF1チームのチームプリンシパルの就任が噂された。

そして、冬に間にそれが起こった。1月にオトマー・サフナウアーのアストンマーティンF1チームの離脱が発表され、翌月、スポンサーのBWTとともにアルピーヌF1チームに加わった。

冬の間、それはまさに起こったことです。サフナウアーのアストンマーティンからの退場は1月に発表され、翌月、スポンサーのBWTとともにアルパインに加わりました。

最近まで、オトマー・サフナウアーは、彼の動きの背景についてのわずかなことにしか言及していなかったが、マーティン・ウィットマーシュがアストンマーティン・パフォーマンス・テクノロジーズのグループCEOに就任したことが明らかな退任の要因だったと明かした。

「経営構造がそのようになることが明らかになり、マーティンが入ってきたことで私が持つべきだと思っていた影響力を持てなくなった」とオトマー・サフナウアーはGPFansに語った。

「彼らは、私が以前持っていた責任が成果を生まなかったことを私に非常に明確にした。それを知ったら、他の場所に目を向けるしかない」

「昨年のアブダビでの最後のレースで、『以前はチームを運営できていたが、もうできない』と言われた」

「私は契約を結んでいたので、去る理由はなかった。私から責任が奪われていなかったら、私はとどまっていただろう」

オトマー・サフナウアーにとって幸いなことに、別のオファーが到着するのに長くはかからなかった。そして、アルピーヌF1チームが話してくれたことは彼がまさに望んでいたことだったと語る。

「アルピーヌF1のシニア陣との話し合いのなかで、彼らは、私の加入を望んだのは私のF1での経験が理由だと言ってくれた。それをアルピーヌF1に適用して、レースに勝つという目標のために我々を助けてほしいとね」とオトマー・サフナウアーは説明した。

「雇っている同僚がそのように言ってくれると、彼らが何のために自分を雇っているのかについて非常に自信を感じるものだ。彼らは自分の経験を求めているんだとね。それが理由で私は経験とともに移籍した」

2022年シーズンの最初の2レースで、アルピーヌF1チームは16ポイントを獲得して、コンストラクターズチャンピオンシップで4位に位置しており、新シーズンの良いスタートを切った。

一方、オトマー・サフナウアーの後任としてマイク・クラックが任命されたアストンマーティンF1チームは、まだポイントを獲得できていない、

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / アルピーヌ