エイドリアン・スーティル
ザウバーが、来週のスペインで再び法的問題に直面することになりそうだ。

2015年シーズンの開幕戦に先立ち、ザウバーはギド・ヴァン・デル・ガルデとの法廷争いで存亡も危ぶまれる苦境に置かれた。

ザウバーが一方的に2015年のヴァン・デル・ガルデのレース契約に反したというこの一件は、最終的には1,500万ユーロ(約19億4,000万円)とされる補償金で和解が成立した。

そして、Turun Sanomat が報じたところによれば、ほぼ同様の契約があったエイドリアン・スーティルが、来週、スペインGPを前にバルセロナでザウバーに対する訴訟を起こそうとしているという。

1カ月前、エイドリアン・スーティルのマネジャーを務めるマンフレッド・ジマーマンは「ザウバーの問題は解決していない。我々はいまも解決に取り組んでいる」と GMM に語っていた。

エイドリアン・スーティルは現在、ウィリアムズのリザーブドライバーを務めている。

マンフレッド・ジマーマンは27日(月)、「残念ながら何も変化していない。我々は今もソリューションを見つけるための話し合いをザウバーと続行している」と明かした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エイドリアン・スーティル | ザウバー