鈴木亜久里 vs 土屋圭市 SUPER GT
鈴鹿サーキットで開催されている「2017モータースポーツファン感謝デー」で予定されていた鈴木亜久里と土屋圭市によるSUPER GTのGT300車両での対決は車両トラブルによって変更となった。

「鈴木亜久里 vs 土屋圭市 禁断のGT300バトル」と題されたこの対決では、AUTOBACS RACING TEAM AGURI 代表/監督である鈴木亜久里がARTA CR-Z GT(2015年)を、同チームのエグゼクティブ・アドバイザー土屋圭市がARTA BMW M6 GT3(2017年)をドライブして対決する予定だった。

しかし、その直前に行われたイベントでARTA CR-Z GTに車両トラブルが発生。鈴木亜久里が乗るマシンは今季のARTA NSX GTに変更となった。

車両変更もあって“レース”ではなくデモランになったが、ARTA NSX-GTのドライバーである野尻智紀と小林崇志から「絶対に壊さないでください」と声を掛けられていた鈴木亜久里だったが、BMW M6 GT3をぶっちぎった。

土屋圭一は「本気だったよ。本気で逃げようとしていたよ!」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: SUPER GT