リオ・ハリアント F1
リオ・ハリアントは、スポンサーであるインドネシアの国営石油企業プルタミナがスポンサーから撤退することを決定したことで、2017年のマノーのF1シート獲得が暗礁に乗り上げた。

リオ・ハリアントは、今年マノーでF1デビューを果たして12戦に出走したが、資金不足によってスパでエステバン・オコンと交代し、リザーブドライバーに降格した。

「今年、プルタミナがF1への参加を継続することはありません」とプリタミナの広報は述べ、プルタミナがスポンサーシップの最終期限に間に合わせることができなかったと明かした。

「もちろん、とても残念に思っていますが、我々はすでにリオとインドネシアのために最大限の努力をしてきました」

リオ・ハリアントは、マネジメントを通して、F1ドライバーとしての将来にまだ希望を抱いていると述べた。

マネージャーのピアーズ・ハニセットは「我々はまだリオがF1を続けられるようにプランに取り組んでいる」と Reuters に述べた。

「F1界の人々は、彼が良い仕事をして、そこにいるのが相応しいと感じてくれている」

プルタミナは、リオ・ハリアントのF1デビューのために500万ドル(5億9000万円)以上を支援してきた。

2017年 F1ドライバー:各チームのシート確定状況
2017 F1 ドライバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リオ・ハリアント | マノー