リオ・ハリアント
リオ・ハリアントは、マノーが後半戦で自分に代えてエステバン・オコンを起用した理由は理解していると述べ、将来F1グリッドでシートを確保できることを望んでいると述べた。

リオ・ハリアントは、当初のスポンサーシップが尽きた後でさえレースに参戦してくれたマノーに対して感謝の言葉を述べた。

「実際、彼らはドイツGPで僕にレースをさせることによって僕を助けてくれた。利用できる資金では僕はハンガリーGPまでしかレースができないはずだった」とリオ・ハリアントは Tempo.co にコメント。

「契約書には合計で1500万ユーロと書かれていた。僕たちは800万ユーロしか集められなかった。僕たちは700万ユーロ不足していた」

マネージャーを務めるピアース・ハニセットから電話でマノーの決定を伝えられたことを明かしたリオ・ハリアントは、リザーブドライバーとしてチームに留まるオファーを正式に受け入れた。

「マノーはリザーブドライバーになることをオファーしてくれた。育成プログラムは継続していくことになる」

「ドライバーとしてサーキットに戻れることを願ってる」

「インドネシアの人々からの圧倒的なサポートに感謝している。残念ながら、今シーズンはマノーの契約義務を果たす資金が不足しており、ドイツGPで終えなければならなくなった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リオ・ハリアント | マノー