ケビン・マグヌッセン F1 エンジン
V6ハイブリッド時代に全てのF1エンジンメーカーを経験したケビン・マグヌッセンは、各メーカーのF1エンジンにそれほど劇的な違いはないと語る。

ケビン・マグヌッセンは、2014年にマクラーレンでF1デビューした際にはメルセデスのカスタマーエンジン、2015年はリザーブドライバーとして初年度のホンダ、2016年にはルノー、そして、ハースに移籍した今年はフェラーリと全メーカーのV6ハイブリッドエンジンを経験した唯一のドライバーとなっている。

そのような経験に関わらず、ケビン・マグヌッセンは各F1パワーユニットに顕著は違いはないとし、生産的なプレシーズンテストを味わったハースでのスムーズな移行に自信をみせちている。

「どのエンジンもそれほど違いはない。全てかなり類似しているように思う」とケビン・マグヌッセンはコメント。

「サウンドはちょっと異なるし、操作上でもエンジンごとにわずかに違いはあるけど、フェラーリはとても動かしやすいね」

「理解しやすいし、ドライバビリティもとてもいい。それに今年はパワーがありそうだし、とても満足している」

来週末のハースでのF1デビューに集中しているケビン・マグヌッセンは、ハースでのキャリアをポジティブにスタートできるようにトラブルフリーのグランプリにしたいと語る。

「すべてに弾みをつけるためにもとにかく良い一年のスタートを切ることが常に重要だ」とケビン・マグヌッセンはコメント。

「良いスタートは後押しになる。終わりも重要だけど、良いレースで1年をスタートできるのは常に素晴らしいことだ。ベストを尽くして、どのような結果を出せるか見てみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケビン・マグヌッセン | ハース