ルイス・ハミルトン
メルセデスは、F1アブダビGPでのルイス・ハミルトンの命令無視についての問題は決して解決したわけではないと述べた。

ルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPのレース終盤にペースを上げろというパディ・ロウ直々の最重要命令を2度にわたって無視。ニコ・ロズベルグを抑え込み、追い上げてきた後続勢のセバスチャン・ベッテルとマックス・フェルスタッペンにプレッシャーをかけさせた。

メルセデスは、ルイス・ハミルトンのこの行為を問題視し、最悪の場合は解雇という処分が下されると報じられていた。

だが、メルセデスの非常勤会長を務めるニキ・ラウダは「彼がアブダビでどういうレースをしたかについては、何も問題はない」と述べ、この問題は解決したと考えられていた。

しかし、メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、ニコ・ロズベルグの突然の引退により、ドライバー選考が優先課題となったが、まだルイス・ハミルトンの問題は決着がついていないと考えているようだ。

「それはまだ内部的に話し合いを行うべき課題として残っている」とトト・ヴォルフは DPA通信 にコメント。

「だが、最近起こったことにより、この問題が以前ほどの優先度ではなくなったということだ」

「しかし、ひとつだけはっきり言えることは、来年は我々の価値やレース哲学をもっと進展させたいと思っている。その観点では、アブダビで起こったことには学ぶことがたくさんある」

「今後数週間のうちに、みんなで話し合いを始めていくことになる。そして、何よりも、2人のドライバーの状況を明確にしていきたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | メルセデス