WEC FIA世界耐久選手権 富士スピイードウェイ トヨタ自動車
FIA 世界耐久選手権(WEC) 第7戦 富士6時間レースのフリー走行2回目が13日(金)、富士スピードウェイで行われ、トヨタの7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)がトップタイムを記録した。

富士スピードウェイはトヨタにとってWECカレンダーの一戦というだけの存在ではない。ハイブリッド・パワートレーンが開発されたのはサーキットから20km程しか離れていないトヨタ東富士研究所であり、まさに生まれ故郷でのレースでもある。

午後になっても富士スピードウェイは雨。15時30分からウェットコンディションで90分のセッションはスタートした。だが、クラッシュや大雨の影響により、途中で50分の赤旗中断となった。

フリー走行2回目では、トヨタ7号車の小林可夢偉が1分39秒202でタイムシートのトップに立った。2番手にはポルシェ #1号車(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ)、3番手にはトヨタ #8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン)が続いた。

LMPクラスは、ジャッキー・チェン DCレーシング #38号車、GTE Proクラスはフォード・チップ・ガナッシ・レーシングの#66号車、GTE Amクラスはクレウォーター・レーシングの#61号車がトップタイムを記録した。

明日14日(土)は、10時30分からフリー走行が行われ、14時30分から予選Q1がスタートする。

WEC 第7戦 富士6時間 フリー走行2回目 結果

順位No.ドライバーチーム/車種 
17小林可夢偉
マイク・コンウェイ
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
1分39秒202
21ニール・ジャニ
アンドレ・ロッテラー
ニック・タンディ
ポルシェLMPチーム/
ポルシェ919ハイブリッド
1分40秒523
38中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
アンソニー・デビッドソン
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
1分41秒413
42ティモ・ベルンハルト
アール・バンバー
ブレンドン・ハートレー
ポルシェLMPチーム/
ポルシェ919ハイブリッド
1分42秒783


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: WEC (FIA世界耐久選手権)