シャルル・ルクレール、リタイアの原因はターボとMGU-Hの故障 / スクーデリア・フェラーリ F1スペインGP 決勝
スクーデリア・フェラーリは、シャルル・ルクレールがF1スペインGPでリタイアしたのは、ターボとMGU-Hの故障が原因であると結論付けた。

シャルル・ルクレールは、勝利に向けて快適にレースをリードしていた27周目に突然パワーを失ってリタイア。スクーデリア・フェラーリは、日曜日の夜にはF1パワーユニットで何が悪かったのかについてすぐに回答せず、マラネロのファクトリーでの本格的な分析結果を待っていた。

壊れたF1パワーユニットはマラネロのファクトリーに送られ、月曜日にコンポーネントを分解し、何が起こったのかを理解するために作業を開始した。

その結果、ターボとMGU-Hの両方が修理不可能なほど損傷したままになっていることが発見された。これにより、シャルル・ルクレールは次戦F1モナコGPPで交換用コンポーネントを使用する必要がある。。

スクーデリア・フェラーリの「ルクレールの車のPUを調べたところ、ターボとMGU-Hが損傷していて、修理できないことが分かった」と声明で述べた。

「しかし、故障とその原因を十分に分析した結果、これら2つのコンポーネントまたはPUの他の要素の設計上の欠陥や信頼性の問題によって発生したものではないと確信している」

したがって、スクーデリア・フェラーリの声明は、問題が外部の状況またはそれらの使用方法のいずれかによって引き起こされた1回限りの問題であったことを示唆している。

シャルル・ルクレールがスペインで使用していたF1パワーユニットはシーズン2基目のものだったため、モナコでは、シーズン開始時に使用したコンポーネントに戻すか、新しいコンポーネントを使用するかを決定する必要がある。

F1のルールでは、ドライバーはシーズン全体で3基のMGU-Hとターボのみを使用するように制限されているため、シーズンの早い段階でこれらのパーツを失ったこで、4基目を搭載してグリッド降格ペナルティの可能性がある。

スクーデリア・フェラーリは、スペインでのシャルル・ルクレールのリタイア後、レース中に彼のF1パワーユニットに問題があることについて警告はなかったと説明した。

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティアビノットは「突然の問題だった。我々は最初にシャルルからの無線、次にデータを見ているエンジニアからそれを学んだ。本当に突然だった」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1スペインGP