F1レース結果の2014年10月のF1情報を一覧表示します。

F1 ロシアGP 決勝:ドライバーコメント

2014年10月13日
F1 ロシアGP 決勝
2014 FORMULA 1 RUSSIAN GRAND PRIX

F1ロシアGP 結果:ルイス・ハミルトンが4連勝

2014年10月12日
F1ロシアGP 結果
F1ロシアGPの決勝レースが12日(日)、ソチ・オートドロームで行われた。

今年が初開催となったF1ロシアGP。記念すべき初のウィーナーに輝いたのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。ポールポジションからスタートしたハミルトンは、危なげないレース展開で4連勝を達成。チャンピオンシップのリードを広げた。

F1 ロシアGP 予選:ドライバーコメント

2014年10月12日
F1 ロシアGP 予選
2014 FORMULA 1 RUSSIAN GRAND PRIX

F1ロシアGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

2014年10月11日
F1ロシアGP 予選結果
F1ロシアGPの予選が11日(土)、ソチ・オートドロームで行われた。

初開催となるF1ロシアGPで記念すべきポールポジションを獲得したのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。2番手にもニコ・ロズベルグが続き、メルセデスがフロントローを独占。3番手にはバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、4番手にはジェンソン・バトン(マクラーレン)が続いた。

F1ロシアGP フリー走行3回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2014年10月11日
F1ロシアGP フリー走行3回目
F1ロシアGP フリー走行3回目が11日(土)、ソチ・オートドロームで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。2番手にもニコ・ロズベルグが続き、メルセデスが強さをみせている。3番手にはバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、4番手にはダニエル・リカルド(レッドブル)が続いた。

F1ロシアGP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2014年10月10日
F1ロシアGP フリー走行2回目
F1ロシアGP フリー走行2回目が10日(金)、ソチ・オートドロームで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。2番手にはケビン・マグヌッセン(マクラーレン)、3番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が続いた。

フリー走行2回目からの走行となった小林可夢偉(ケータハム)は、最下位21番手だった。

F1ロシアGP フリー走行1回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2014年10月10日
F1ロシアGP フリー走行1回目
2014年 第16戦 F1ロシアGPのフリー走行1回目が10日(金)、ソチ・・オートドロームで行われた。

今年が初開催となるF1ロシアGP。ソチ・オートドモーロは、ソチ冬季オリンピックが開催されたオリンピックパークを利用したユニークな半常設のサーキットとなっている。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのはメルセデスのニコ・ロズベルグ。2番手にもルイス・ハミルトンが続き、メルセデスが新しいサーキットでも好調なスタートを切った。

F1 日本GP 決勝:ドライバーコメント

2014年10月6日
F1 日本GP 決勝
2014 FORMULA 1 JAPANESE GRAND PRIX

F1日本GP 結果:ルイス・ハミルトンが鈴鹿で初優勝

2014年10月5日
F1日本GP 結果
F1日本GPの決勝レースが5日(日)、鈴鹿サーキットで行われた。

鈴鹿では1994年以来となるフルウェットでのレースとなったF1日本GP。レースはセーフティカー先導のもとでスタートしたが、コンディション不良により、一時赤旗中断となった。

レースは46周目に赤旗中断。原因はまだ明らかになっていないが、そのままレースは44周終了時点のリザルトが適用された。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム