ピレリ
ピレリは、2014年以降のF1契約がまとまらない状況がこのまま続くのであれば、F1撤退もあり得ると警告している。

ピレリが締結した3年契約は今シーズン末に終了するが、ピレリはそれ以降もタイヤ供給を継続したいとの意思を示している。

しかし、La Gazzetta dello Sport は、2014年シーズン以降の契約がいまだに交わされていない現状について、ピレリが大きな懸念を示していると報道。

ピレリのモータースポーツダイレクターを務めるポール・ヘンベリーは「このような不確実な状況では残ることはできない」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ