マレーシア元首相 トゥン・ドクター・マハティール
ロータスのヒンガムのF1ファクトリーが、マレーシアのマハティール元首相によって正式にオープンした。

ロータスはマレーシア政府から支援されており、依然影響力のあるマハティール元首相がノーフォームのファクトリーを訪れ、T127のコックピットに座るなど施設を視察した。

「トゥン・ドクター・マハティールが我々のファクトリーの正式オープンのためにノーフォークに来てくれたことは、我々にとって、そしてチームにとって非常にエキサイティグなことだ」とロータスのチーム代表トニー・フェルナンデスはコメント。

「彼はマレーシアのモータレーシングの父であり、セパン国際サーキットの誕生とマレーシアGPという明確なビジョンを持ち、我々に夢を実現させるためのインスピレーションを与えてくれた」

「ここで彼を歓迎できることは我々にとって非常に名誉なことであり、今日、ファクトリーをオープンできたことをとても誇りに思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム