チーム・ロータス ケータハム
チーム・ロータスのチーム代表トニー・フェルナンデスは、2012年にヤルノ・トゥルーリがケータハムのシートを失うかもしれないとの報道を否定するようなコメントを残している。

ヤルノ・トゥルーリは、2012年からケータハムとなるチーム・ロータスとすでに来期の契約を結んでいるが、レッドブルがダニエル・リチャルドかジャン・エリック・ベルニュにF1シートを与えるためにヤルノ・トゥルーリのシートについてトニー・フェルナンデスと交渉していると噂されている。

しかし、トニー・フェルナンデスは、ヤルノ・トゥルーリは間違いなく2012年のケータハムの計画の一員だと Sportweek に述べた。

またインテルラゴスのパドックでは、同様に契約を結んでいるヘイキ・コバライネンが2012年のロータス・ルノーGPのドライバー候補にあげられているとの噂もなる。

「我々全員にはしっかりとした関係がある」とトニー・フェルナンデスは、ヤルノ・トゥルーリとヘイキ・コバライネンに言及。

「ヤルノは、最高の器材にしか慣れていないが、もう我々は彼が期待するものからそれほど遠く離れてはない」

「両ドライバーはお互いにうまく補っている」

トニー・フェルナンデスは、2012年の目標はポイント圏内まで進むことだと述べた。

「我々は中団グループに加われる。目標はルノーとザウバーを捕えることだ」

「我々はKERSを使ってこなかったことを忘れないでほしい。だが、来年はある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム