ヒスパニア・レーシング
ヒスパニア・レーシングは、F1オーストラリアGP初日のフリー走行でヴィタントニオ・リウッツィがF111で初走行、ナレイン・カーティケヤンは走行することができなかった。

ヴィタントニオ・リウッツィ
「今日はたとえ一周だけだっとしても、F111で走れたことは僕たちにとって非常に重要なことだった。全員が本当に頑張ってきたし、メカニックやエンジニアはマシンを準備するために休みなく作業してきた。マシンを走らせられたのはとてもポジティブなことだし、これから明日にむけてたくさんの作業を続けていく。明日は、きちんと走ってマシンの情報を得ることを楽しみにしている」

ナレイン・カーティケヤン
「全員が懸命に作業している。新車は常に問題があるものだ。僕たちはすべてをここに持ち込んでいるけど、パーツを調整してマシンに装着するプロセスには時間がかかる。残念ながら今日は一日を失ってしまったので、今週末はタフになると思うけど、少なくとも僕たちは前進している」



関連:
F1チーム&F1ドライバー、マシンやヘルメットに日本へのメッセージ
F1オーストラリアGP フリー走行2回目:ジェンソン・バトンがトップタイム
F1オーストラリアGP フリー走行1回目:マーク・ウェバーがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: HRT | F1オーストラリアGP