松下信治、ランキング6位で2019年のF2を終了 「来年に活かしたい」
シーズン最後のレースとなるF2選手権第12戦のレース2がヤス・マリーナ・サーキットで行われた。午後1時30分のレース開始時には、気温27℃、路面温度39℃のコンディションでした。松下信治(Carlin)は、4列目7番手からスタートし、有終の美を飾るべく優勝を目指した。

好スタートを切った松下信治は、1台をパスして6番手に上がり、その後も前車をパスして、1周目を5番手で終えた。

気温、路面温度が上がり、タイヤマネージメントがカギになるレースとあって、その後レース全体のペースは安定し、上位陣のポジションは硬直状態となる。

レース中盤の13周目、ペースの上がらない松下信治は後続にポジションを奪われ6番手に後退。終盤、ペースがさらに落ちた松下信治は21周目に後続にパスされて7番手となった。22周のレースはそのまま終了し、松下信治は7位入賞で、シーズンを締めくくった。

このレースで2019年シーズンが終了し、松下信治はシリーズランキング6位が確定した。

松下信治(レース2・7位)
「スタートはうまくいって、ポジションを上げることができましが、序盤に少し攻めたのと、セッティングを変えた影響か、中盤あたりからタイヤが厳しくなりました。リアもかなり辛かったので、気温や路面温度が上がった影響もあったのかもしれません。この後データを見て確認します。表彰台に上がれなかったのは残念ですが、今週末は大きなミスもなく、力は出せたと思います。今年得たものを来年に活かしていきたいですね」

2019年 F2 ランキング

POSDRIVERSPTS
1N. de Vries266
2N. Latifi214
3L. Ghiotto207
4S. Sette Camara204
5J. Aitken159
6N. Matsushita144
7G. Zhou140
8L. Deletraz92
9J. King79
10A. Hubert77
11C. Ilott74
12M. Schumacher53
13J. Correa36
14D. Boccolacci30
15G. Alesi20
16A. Markelov16
17S. Gelael15
18N. Mazepin11
19R. Boschung3
20M. Raghunathan1
21M. Sato0
22T. Calderon0
23C. Lundgaard0
24A. Maini0
25M. Isaakyan0
26P. O'Ward0
27R. Tveter0



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2