フェラーリ F150th イタリア
Ferrari F150th Italia
フェラーリの2011年F1マシン「F150」。2011年のフェラーリF1マシンは、イタリア統一150年を記念してF150というネーミングが与えられた。しかし、その後フォードが自社のピックアップトラックF-150の名称権を侵害するとして告訴。マシン名は「F150th イタリア」に変更された。

F150は、昨年マシンF10よりもハイノーズを備えており、サイドエアインテークのサイズも縮小。ドライバー頭上のデザインも変更されている。リアウイングには可変リアウイングを搭載する。

F150のリアサスペンションは新設計となり、フロントサスペンションはシャシー前方の変更により改良が加えられた。冷却システムはKERS搭載により新しい排気ダクトを採用。現時点でエキゾーストシステムは昨年後半のレイアウトと類似したものが搭載されている。

フェラーリ F10 主要諸元

シャシーカーボンファイバー、ハミカムコンポジット構造
ギアボックスフェラーリ製縦置(リミテッドスリップ・ディファレンシャル)
トランスミッションセミオートマチック・シーケンシャル電子制御ギアボクッス(クイックシフト)
ギア数7速+リバース
ブレーキブレンボ製ベンチレート・カーボンファイバー・ディスクブレーキ
サスペンション独立懸架サスペンション、前後ともプッシュロッド式トーションスプリング
重量640kg(液体、潤滑油、ドライバー含む)
ホイールBBS製13インチ(前後)

エンジン

形式タイプ056
排気量2,398cc
気筒数8
Vアングル90度(鍛造アルミニウム)
バルブ数32
バルブ駆動圧搾空気式
ピストン口径98mm
重量95kg
燃料シェル製Vパワー
潤滑油シェル製

フェラーリ F150 (フロント) フェラーリ F150 (上部)フェラーリ F150 (リア) フェラーリ F150 (サイド)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | F1マシン