ジェンソン・バトン SUPER GT
2018年にSUPER GTに参戦することを発表したジェンソン・バトンは、F1から1年間離れたことで“モータースポーツに対する愛情が戻ってきた”と述べた。

今週、ジェンソン・バトンは、ツインリンクもてぎで「Honda Racing THANKS DAY 2017」で行われたF1トークショーで、日本でSUPER GTに参戦することを電撃発表した。ジェンソン・バトンは、今年8月の鈴鹿1000kmでSUPER GTデビューを果たしている。

10月にF1日本GPのゲストとして鈴鹿サーキットを訪れた際、ジェンソン・バトンはF1にあまりに長く残っていたことでモータースポーツへの愛情を失ってしまったと語っていた。

ジェンソン・バトンは、自分のレースへの情熱を再確認したが、F1復帰を望むまでには及んでいたと付け加えた。

「今年F1から離れたことは僕にできるベストなことだった。レースへの愛情が戻ってきたからね」とジェンソン・バトンはコメント。

「F1での僕の時代は終わったけど、レース自体への愛情は本当に高まっている。とても興奮しているんだ」

「8月のレースはとても刺激だったし、とても多くのバトルやオーバーテイクがあって本当に楽しかった」

「今年終盤に山本(雅史、ホンダ モータースポーツ部長)さんが1年フルでレースをしたくないかと尋ねてきたので、僕はやりたいと答えた」

「SUPET GTはメーカー間で多くの競争があるし、スポーツに必要とされる才能のあるドライバーがたくさんいる。それは興奮させられる競争だ」

ペンスキー・アキュラのIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のドライバー候補にも挙げられていたジェンソン・バトンだが、自分が関心のあるのは注目度の高い耐久レースであり、それをSUPER GTプログラムと並行して戦うのはあまりに難しかったと述べた。

ペンスキーについて質問されたジェンソン・バトン「交渉はしていたし、耐久レースについても考えていた。デイトナ24時間は走りたかったからね」はコメント。

「でも、SUPER GTとそれを並行するのは難しかった。シーズンずっとアメリカと日本の間を飛び回らなければならないし、テストスケジュールも合わなかった」

「しっかりとひとつのことに取り組みたかった。レース過多でシーズンに入りたくなかった」

「SUPER GTの8戦は多くはないけど、再びレースに戻るには完璧な数だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | SUPER GT