アンジャッシュ WRC テレビ朝日
アンジャッシュがMCを務めるWRC応援番組「地球の走り方 〜世界ラリー応援宣言〜」の初回が2月8日(水)の深夜0:50からテレビ朝日で放送される。

1月19日(木)に開幕、世界各地で13戦にわたって行われるFIA世界ラリー選手権(WRC)を応援する番組「地球の走り方 〜世界ラリー応援宣言〜」の初収録が、MCのアンジャッシュ、桂田アマンダ純、ゲストの河北麻友子、大谷亮平を迎え都内スタジオで行われた。

18年ぶり参戦のトヨタが初戦2位!日本でも盛り上がるWRCをフィーチャー!
世界ラリー2017シーズンは1月19日(木)に開幕したが、日本の自動車メーカーとしては9年ぶりにトヨタが参戦。TOYOTA GAZOO Racingとしてチームの代表に4度のワールドチャンピオンを誇る“レジェンド”トミ・マキネンを迎え、ニューマシンのヤリス(ヴィッツ)WRCをヤリーマティ・ラトバラ、ユホ・ハンニネンがドライブするという布陣で、注目の第1戦ラリー・モンテカルロを戦った。その結果、なんとラトバラがトヨタとしては18年ぶりとなる世界ラリー復帰初戦で総合2位に入る大健闘。第2戦以降の活躍が期待される素晴らしい成績を収めてくれた。

渡部&アマンダ、ゲスト2人が児嶋のナビでWRCの魅力を紹介!
番組は、ペーパークラフトの車にアンジャッシュ渡部建、アマンダ、そしてゲストの河北、大谷が乗り込む形で進行。アンジャッシュ児嶋は自称“全知全能のスーパーナビゲーションシステム・コジマ”という設定で声のみの出演で4人に絡んでいく。渡部が児嶋の声に従い車載ナビを操作し、世界ラリーの魅力を伝える様々なVTRを紹介。児嶋が渡部らの疑問に答えていくのですが、アマンダに助けられる場面もしばしば…でスタジオ内の笑いを誘いつつ、ラリーの魅力を紹介していく。

若手芸人ブリリアンが第1戦を体当たりレポート。うれしい奇跡も!!
さらに番組では、開幕戦の「ラリー・モンテカルロ」に、あえて世界ラリーの知識などまったくない若手芸人を派遣。厳しいオーディションを経て選ばれたのは、芸歴1年目というお笑いコンビの「ブリリアン」。右も左もわからない2人はレンタカーを運転しラリーの現場に向かう。華やかな現地の雰囲気に気圧されながらもなんとかレース観戦にこぎつけるブリリアン。現地の人からラリー観戦の楽しみ方を教えてもらい、生観戦の魅力を現地から体当たりで伝えてくれる。そんな2人にうれしい奇跡が舞い降りる一幕も。

今後もブリリアンの2人が世界ラリーの現場から、ラリーの魅力を存分に伝えてくれる予定。日本のトヨタの参戦で注目が集まる世界ラリー、アンジャッシュの軽快なトークとともに認知度がアップするのは間違いなし!ご期待ください。

アンジャッシュ 渡部建
今回の初収録の前にスタッフから「ただVTRを楽しんでくれ」と言われていたんです。初収録が終わって、そのスタッフの意図がわかりました。ラリーのVTRはすごく楽しかったし、ものすごく興味が持てました。車載カメラの映像などは万人が見ても絶対的に興奮できると思いますし、ルールや各マシン、ドライバーの個性を理解すると、もっといろいろなことが楽しめると思います。ラリーは地球がサーキットというキャッチがものすごくいいと思います。今日は山道とか峠道のラリーシーンが多かったですが、市街地の映像とかも見たいですね。世界ラリーは知識ゼロから楽しめると思いますが、僕としてはその興奮を伝えられればと思います。トヨタの参戦でラリーがより身近に感じられるし、感情も入りやすい、応援しやすいと思います。アマンダさんは、どんな質問をしてもみごとに僕ら素人にわかりやすく説明してくださる。頼りにしています。児嶋との関係性も普段は僕が進行役なのですが、今回は児嶋がナビとしての進行役。新鮮で楽しかったですね。モータースポーツを見ようとするときは、いろいろなことを覚えないといけないんじゃないかと思って、億劫になる方もいると思うんです。でも、とにかく迫力ある映像と人間離れしたドライビングテクニックは誰が見ても説明抜きで興奮できると思うので、気軽にチャンネルを合わせて欲しいですね。僕としては現地に行きたいですが、そうもいかないかな(笑)。年間のレースが進んでいくとともに番組の温度が上がっていくようになればいいですね。

アンジャッシュ 児嶋一哉
ラリーの映像は面白いですね、迫力がすごかった。この番組で僕はナビ役、画面に映らないのでモニターを見ている時間も多いのですが、その分一視聴者として「面白いなぁ、迫力あるなぁ」と思って見ていました(笑)。正直、世界ラリーのことはよくわかっていなかったです。そういう競技があるのは知っていて、たまにニュースになったときに目にしていました。ただ、この番組への出演が決まって注目するようになったのですが、見たら面白かったですね。本当に映像の迫力がすごい。今回の放送で衝撃的だったのは、牛がコースに出てきたところを「あることをして」かわすシーン。お客さんがすぐ近くで観戦している細い道を、すごいスピードで走るところなど迫力がありました。トヨタが参戦することで応援しやすくなりました。あとは日本人のドライバーが出てきてくれたら、より応援しやすくなる。熱も入ると思います。今回のような“ナビ”という仕事はやったことがない…、初めてじゃないかな。やる前はもっと変な間が出来たりするかなと思ったんですが、思ったよりすんなりいきました。とても新鮮でした。視聴者の皆さんには、とにかく迫力がすごいので映像でぜひ見ていただきたい。もし可能だったら現地で見たら、もっと凄さを感じられると思います!

桂田アマンダ純
私はテレビが初めてでとても緊張していたのですが、自分が情熱を傾けている世界ラリーであり、渡部さん、児嶋さんのお話がとても上手だったので楽しかったです。この番組が起爆剤になって世界ラリーの人気もアップすると思います。ラリーの魅力は、サーキットという隔離されたところではなく、砂漠だったり、街の中だったり、森の中だったり、いろいろなところで競技をやっているところ。美しい景色の中を走る、その美しさを感じて欲しいですね。本当に世界中を走り、世界中の人が盛り上がる、現場へ行くと、自分もそこに溶け込める感じがします。番組の作り自体が楽しいですから、とにかく気軽に楽しんでいただきたいです。アンジャッシュさんのお話も楽しいので、まずはそこを楽しんで、それからラリーも楽しんでいただけたらと思います。日本の人はみんな真面目で、ラリーなどのイベントに行く時は事前に知識を詰め込まなきゃいけないと思うみたいですね。でも実はそんなことはないので、構えることなく楽しんでもらいたいです。

世界ラリー(WRC)とは
F1などを主催するFIA(国際自動車連盟)によるラリーの世界選手権。F1などのサーキットレースとは違い、さまざまな路面を舞台にスピードを競います。その路面もアスファルトなどの舗装路(ターマック)、未舗装路のグラベル、雪道のスノーがありますが、いわゆる“悪路”を猛スピードで駆け抜けるシーンは迫力満点。ヨーロッパを中心に世界のモーターファンから熱い視線が注がれている。

「地球の走り方 〜世界ラリー応援宣言〜」

「地球の走り方 〜世界ラリー応援宣言〜」

2017年2月8日(水)初回
深夜0:50〜1:20放送(第1部)
深夜2:00〜2:25放送(第2部)
テレビ朝日 ※一部地域を除く

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: WRC (世界ラリー選手権) | テレビ放送