ウィリアムズ F1 フェリペ・マッサ
ウィリアムズのパフォーマンスエンジニアリング責任者を務めるロブ・スメドレーは、新レギュレーションで生まれ変わった2017年F1マシンが、フェリペ・マッサのドライビングスタイルに“完璧”に合ってると語る。

一時は引退を表明しながらも、ニコ・ロズベルグの引退とバルテリ・ボッタスのメルセデス移籍によって、今年もウィリアムズでF1を戦うことになったフェリペ・マッサ。

“復帰”シーズンとなった今年のプレシーズンテストでは、フェリペ・マッサは、フェラーリとメルセデスのドライバーに次ぐ、5番手タイムを記録してみせた。

ロブ・スメドレーは、今年のF1マシンの特性によって、フェリペ・マッサがタイトルを逃した2008年の頃の調子を取り戻すこともできるかもしれないと考えている。

「マシンは彼のドライビングスタイルに完璧に合っていると思う。今のマシンは彼がより活躍していた頃のものに近づいている」とロブ・スメドレーはコメント。

「ワイドなフロントタイヤで、ターンインからエイペックスまで強力なグリップが得られる2008年に似たいマシンになっている。この7年間はそこが全く足りず、彼は少し苦戦していた」

ウィンターテストでウィリアムズの新車FW40に適応するフェリペ・マッサを目にしたロブ・スメドレーは、今シーズンのマッサは強いと確信している。

「リアが安定した状態でフロントエンドを与えれば与えるほど、フェリペのドライビングスタイルはより生かされる。今のところ、彼はとても快適にドライビングしている」

「フェリペは、新しいマシンに乗った時のミスの回数を見れば、それが勝てるマシンかどうかを判別できるドライバーだ。過去数日間で走行した数千kmで、彼のミスは2回膨らんだだけだと思う。新品タイヤではほぼミスをしてない。それだけ快適にマシンをドライブできているということだ」

「異なるコンパウンドを履いて、エンジン出力を高めたり、燃料を減らすと、彼はまさに期待通りの反応を見せる。かなりマシンにマッチしているということだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | フェリペ・マッサ