ランス・ストロール F1
ウィリアムズのロブ・スメドレーは、ルーキーF1ドライバーのランス・ストロールへの批判者に対して時間を与えてほしいと訴えた。

父親であるファンション界の大物で億万長者のローレンス・ストロールは、18歳の息子ランス・ストロールを2017年にF1デビューさせるべく、8000万ドル(約82億円)を投じてその道のりを固めていった。

F3で優勝させるべくチームを買収し、F1デビューが決定してからは、2014年のウィリアムズのF1カーによる世界一周のテストプログラムを実施、20名のスタッフと5名のエンジニアがプログラムをサポートし、メルセデスによって2台のエンジンが特別に準備された。

そのランス・ストロールが、F1プレシーズンテストの最初の週にスピンして新車FW40を壊してテスト続行不可能にしたにも関わらず、ウィリアムズが“ストロールの非はない”とかばったものだから、メディアは“金に屈したウィリアムズ”と批判した。

2週目にはトラブルフリーでテストを終えたランス・ストロールは1分20秒335を記録。だが、チームメイトのフェリペ・マッサは1分19秒420をマークしており、その差は0.915秒差だ。

しかし、ロブ・スメドレーとウィリアムズは、二人のドライバーのパフォーマンス差には無関心を装っている。

「ランスがフェリペと同じコンディションで走っていたら、1分19秒6は出ていただろう。それは十分に立派だ」とロブ・スメドレーは Auto Motor und Sport に述べた。

「ランスへのプレッシャーはかなり高い。今、彼に必要なのは自信だ。彼はまだ18歳であり、全てが新しい。クルマはとても速いし、誰もが彼を見ている」

「彼はメルボルンの予選までに180分間の準備しかできない。メルボルンは彼にとって十分にタフだ。新しいトラック、練習不足、それにバルセロナよりウォールが近い」

「彼が慣れるために半年時間を与えてあげてほしい。我々が彼について判断できるのはそこからだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | ランス・ストロール