マーク・ウェバー
マーク・ウェバーは、キャリア最後のレースとなるWECバーレーン6時間レースを表彰台で終えた。

9度のF1グランプリウィナーであるマーク・ウェバーは、最後の25分間のスティントを任され、昨年はWECのタイトルを含む、3年間のポルシェで成功に満ちた戦いに終止符を打った。

「今日は2番目と最後のスティントを担当し、どちらにも満足している」とマーク・ウェバーはコメント。

「序盤はカーナンバー5のトヨタといいバトルを繰り広げた。何とかオーバーテイクしてリードを築こうとしたが、アウディを追い上げるほどペースを上げることはできなかった」

「最後のスティントではこれがヘルメットを被る最後の機会になることに感情的にならずにいられなかった。最後のスティントを満喫し、マシンをトップ3でチェッカードフラッグの下に連れていくことができたが、それは今日手が届く最高の結果だった」

マーク・ウェバーは、ポルシェとの時間を振り返り、スポーツから引退することに後悔はないと述べた。

「ティモとブレンドン、そしてチーム全員とともにポルシェで過ごした3年間は素晴らしい時間だった」

「永遠に続くことなどどこにもない。僕は素晴らしい時に引退するが、また近いうちに全員と会えることを楽しみにしている」

関連:【動画】 2016 WEC 最終戦 バーレーン6時間レース ハイライトWEC 2016 バーレーン 動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マーク・ウェバー | ポルシェ | WEC (FIA世界耐久選手権)