ジャック・ヴィルヌーヴ、インディ500に参戦

2014年2月27日
ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴが、今年のインディ500にシュミット・ピーターソン・モータースポーツから参戦することが発表された。

1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴは、1995年にインディ500で優勝を飾っている。

ジャック・ヴィルヌーヴのシングルシーターへの復帰は、BMWザウバーから参戦した2006年F1ドイツGP以来。インディ500へは19年ぶりの復帰となる。

ジャック・ヴィルヌーヴ、“マルチ21”騒動を父の死になぞらえる

2013年3月30日
マルチ21 ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、F1マレーシアGPのチームオーダー騒動でのセバスチャン・ベッテルの謝罪がすぐに受け入れられるかどうかはわからないと語る。

セバスチャン・ベッテルは、レッドブルのチームオーダーに反してマーク・ウェバーから優勝を奪ったセパンでのレース後、マーク・ウェバーに何度も謝罪した。

またレッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、セバスチャン・ベッテルがミルトンキーンズのスタッフ全員に謝罪したことを明かしている。

ジャック・ヴィルヌーヴに抗議者から殺害の脅迫

2012年6月10日
ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴに抗議者から殺害の脅迫状が送り付けられている。

カナダのケベック州では、学費の値上げに反対する学生のデモ活動を規制する法案が成立。抗議活動を行うグループは、F1カナダGPを利用してケベック州政府へ抗議の姿勢を強めようとしている。

抗議する学生に対してジャック・ヴィルヌーヴは「人々は目を覚まし、ふらふらするのをやめるときだ」とコメント。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「今のF1ドライバーは死のリスクを軽視している」

2012年6月7日
ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、今のF1ドライバーはF1に潜む死の危険性を軽視していると警告している。

F1カナダGPの主催者は、今週末ジル・ヴィルヌーヴの没後30年を祝う予定であり、ジャック・ヴィルヌーヴは、亡き父親の名前が冠されたサーキットで開催されるF1カナダGPに出席する。

「F1が危険だった20〜30年前は、死のリスクがとても高かったので、ドライバーはお互いにそういうことはしなかったし、もっと敬意があった」とジャック・ヴィルヌーヴはコメント。

ジャック・ヴィルヌーヴ、父親ジルのフェラーリ 312T4をドライブ

2012年5月9日
フェラーリ 312T4 ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、5月8日(火)にフィオラノで父親ジル・ヴィルヌーヴが乗ったフェラーリ 312T4を走らせた。

ジル・ヴィルヌーヴが1982年にゾルダーで開催されたベルギーGPの予選中に事故死してから30年。フェラーリは、ジル・ヴィルヌーヴの没後30年を記念してフィオラノで特別イベントを開催した。

ジャック・ヴィルヌーヴ、父親のフェラーリ 312 T4をドライブ

2012年4月9日
フェラーリ 312 T4
フェラーリは、ジル・ヴィルヌーヴの没後30年を記念してフィオラノで特別イベントを開催することを発表。ジャック・ヴィルヌーヴが父親のフェラーリ312 T4を走らせる。

5月8日(火)、ジル・ヴィルヌーヴが1982年にゾルダーで開催されたベルギーGPの予選中に事故死してから30年が経つ。

ジャック・ヴィルヌーヴ、インディカー最終戦のオファーを断っていた

2011年12月1日
ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、あまりに危険だと考えたため、2011年インディカー最終戦ラスベガスへの参戦オファーを断っていたことを明らかにした。

最終的にボーナス賞金500万ドルを獲得できるチャレンジドライバーとして参戦したのは、事故で亡くなったダン・ウェルドンだった。

ジャン・ヴィルヌーブは、ダン・ウェルドンの死に言及し、「まさにそれが理由で」参戦を断ったと述べた。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「ライコネンはF1タイトルにふさわしくなかった」

2011年8月12日
キミ・ライコネン
ジャック・ヴィルヌーヴは、キミ・ライコネンが2007年にタイトルを獲得したのは運が良かっただけであり、タイトルにはふさわしくなかったと述べた。

2007年、フェラーリに所属していたキミ・ライコネンは最後の2レースまで17ポイント差を覆してタイトルを獲得した。

だが、ジャック・ヴィルヌーヴは、フェリペ・マッサの方がタイトルにふさわしかったと述べた。

ジャック・ヴィルヌーヴ、ロータスでのF1復帰のチャンス喪失説を否定

2010年12月15日
ジャック・ヴィルヌーヴ
ジャック・ヴィルヌーヴは、2011年にロータスでF1復帰できるチャンスがあったという見方を否定した。

今年ジャック・ヴィルヌーヴは、ロータスカラーのマシンでのインディカー参戦をオファーされており、その後2011年からグループ・ロータスとルノーの提携が発表されたため、F1復帰へ発展していたかもしれないというもの。

「議論はなかった」とジャック・ヴィルヌーヴは Rue Frontenac にコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム