ランス・ストロール
元F1チャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ウィリアムズでF1デビューするランス・ストロールは、F1で自分の居場所を得る準備はできていないとか確信している。

ジャック・ヴィルヌーブは「F3選手権で優勝したが、彼が次のレベルでそれを繰り返すことができないかもしれない。F3で輝いたが、最終的に結果を出せなかったドライバーはたくさんいる」と Le Journal de Montreal にコメント。

実際、ダニエル・ジュンカデラ、ラファエレ・マルチェロ、エステバン・オコン、フェリックス・ロゼンクビスト、シャルル・ルクレースがF3でチャンピオンを獲得しているが、エステバン・オコンを除けば、まだF1への道のりは遠い。

ランス・ストロールは、父親のお金ではなく、実力でシートを獲得したと主張しているが、ジャック・ヴィルヌーヴは「ランスがF1で心理的にどう進化していくかは興味深いね。彼はもう父親に保護されなくなるし、彼はぼぼ自分だけでやっていかなければならない」

「彼はとても速いし、優秀だ。だが、まだ苦労を知らない。彼が強迫にどのように反応するか見てみたいね。全ての偉大なチャンピオンのようん、彼がそれを克服できれば、彼には上限はないだろう」

「ランスはレースに勝つために懸命に戦ってきたが、モーターレースで生き抜くことに骨折って働くことはしてこなかった。彼はまだ未完成だし、もっと学ぶ必要があるが、それは普通に過ぎない」

「ローレンス・ストロールは正しい決定をして、息子の準備を整えることができた。息子は結果を出したからね。裕福な家庭に向かれた彼を責めることはできない」

関連:ランス・ストロールの父、息子のF1デビューを82億円を投じてお膳立て

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャック・ヴィルヌーヴ | ランス・ストロール