ジャック・ヴィルヌーヴ
1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィウヌーヴは、F1ドライバーは自分たちの仕事ではない規約策定に干渉するべきではないと語っている。

GPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)を通じて最近公開された書簡のなかで、ドライバーたちはF1のガバナンス構造の変更を求めた。

またF1ドライバーは、政治的に不安な1週間のあと、2006〜2015年のシステムに戻された新しい予選方式を批判している。

しかし、ジャック・ヴィルヌーヴは、ドライバーは自分の仕事に専念するべきであり、F1幹部が決めた規約がどうあれ、その規約の下で競技しなければならないと述べた。

「ドライバーが不満を言っている様子はF1にとってひどいものだ」とジャック・ヴィルヌーブはコメント。

「彼らの問題ではないはずだ」

「ドライバーは口を閉ざしておくべきだ。テレビでのショーが良かろうが悪かろうが、それは彼らの問題ではない。自分たちの仕事に取り組んでいればいい」

「教室のなかで、学識のある決断を下すことができるクラスメートが何人いる? それほど多くないはずだ」

「では、ドライバー20人のなかには? おそらく2人くらいを除いて、あとのドライバーは黙るべきだ」

「だからドライバーに権力を与えたくないんだ」

ジャック・ヴィルヌーヴは、F1はショーの改善のために規約を変更するのをやめて、どのスポーツでも同じように、F1も常にエキサイティングではないことを認めなければならないと考えている。

「規約変更はやめるべき。それだけだ」とジャック・ヴィルヌーヴはコメント。

「テニスやサッカーのような立派なスポーツでは100年間規約は変わっていない。退屈な試合があっても、世間は大切にしている」

F1は、以前の予選方式に戻したが、2017年の代替案を評価する予定である。

ジャック・ヴィルヌーヴは、複雑にしすぎないこと、そして、娯楽レベルが下がるのを受け入れることが重要だと考えている。

「予選の1周そのものは素晴らしかった」

「保守的なものも必要だ。普通でいいんだ」

「素晴らしい予選セッションになる日もあれば、退屈な予選になる日もあるだろう。そういうものだ」

関連:F1ドライバーが抗議 「F1の意思決定プロセスは“時代遅れ”」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャック・ヴィルヌーヴ