セバスチャン・ベッテル
2017年のフェラーリ残留を宣言しているセバスチャン・ベッテルだが、目指しているのは2018年のメルセデス移籍かもしれない。

Bild は、メルセデスはニコ・ロズベルグの後任とは1年契約しか締結しないと主張。

今年、ニコ・ロズベルグの契約をまとめたゲルハルト・ベルガーは「突然、フェラーリはプレッシャーを感じている」とコメント。

「セバスチャンは彼らの進捗をしっかりとモニターし、契約の更新に時間をかけるだろう」

「心の底で、彼が2018年にメルセデスへ行くチャンスを望んでいるのは確かだ。なので、フェラーリはベッテルを満足させ続け、彼を失わないようにする必要がある」

2017年は新しいレギュレーションが導入され、引き続きメルセデス優勢と見られてはいるものの、勢力図が変わる可能性がある。

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリとの契約が2017年末で期限を迎える。

メルセデスは、ドイツ人ドライバーの起用を望んでいるとされ、2018年にセバスチャン・ベッテルの移籍が実現するかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ