フェリペ・ナッセ
マックス・フェルスタッペンは、アイルトン・セナと比較されても浮き足立つことはない。

F1ブラジルGPでのマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスは、同じように雨のレースとなった1993年のドニントンでのアイルトン・セナの驚異的な走り以来となるF1でのベストパフォーマンスだったとの呼び声が高い。

実際、ライバルチームのメルセデスのニキ・ラウダは、レース後、父親のヨス・フェルスタッペンと話す際に珍しく有名な赤いキャップを脱いでマックスのパフォーマンスを称えた。

「彼が頻繁にそうすることはないので、彼が父にそうしたのを見てとても嬉しかったよ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

アイルトン・セナとの比較を誘発したのは、マックス・フェルスタッペンが、インテルラゴスで通常のレースライン外でより多くのグリップを見い出したことにある。

「セーフティカーの後ろですでに多くの異なるレーシングラインを試していた」とマックス・フェルスタッペンは認める。

「クルマは大きいけど、ちょっとカートのようだったね。でも、限界では滑りに滑っていたよ。

まるでアイルトン・セナのようだったと話されることに関して、マックス・フェルスタッペンは冷静さを失わない。

「そう書かれることは本当にいいことだけど、冷静で落ち着いたままでいることが重要だ」

「常に改善を続けなければならない。決して十分というものはないからね」

関連:【動画】 マックス・フェルスタッペンの雨のドライビングに称賛の嵐

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル