マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンが、普通自動車免許の学科試験に合格した。

若く経験値の少ないマックス・フェルスタッペンがF1デビューは、FIAによる2016年以降のスーパーライセンス取得資格の厳格化を促したと言われている。

今後、F1ドライバーになるには18歳以上であること、一般道を運転できる普通自動車免許を保有していることが条件となる。

現在、17歳のマックス・フェルスタッペンはその条件のひとつを満たそうとしている。

公式Webサイトは、マックス・フェルスタッペンが学科試験に合格し、居住するベルギー国内で監視の下、運転することが認められたと公表。

マックス・フェルスタッペンは「思っていたより難しくなかったね。僕は素早く学習するタイプだから勉強したのは7時間くらいかな。そんなにハードではなかったよ」とコメント。

だが、実際の運転免許試験を受けるには「ベルギーでは18歳にならないと受けられないんだ。だから僕にはまだ無理なんど」とフェルスタッペンが認める。

マックス・フェルスタッペンはメルボルンでレースデビューする3月に向けて焦点を合わせている。

昨シーズン、マックス・フェルスタッペンは何度かグランプリ週末の金曜フリー走行に参加しているが、カートを卒業し、F3に昇格してからまだ1年しか経っていない。

「1月の初めから、パーソナルトレーナーと一緒に一生懸命頑張っている。毎日、ジムで2時間のセッションを2回やっている。タフだけど首の筋力や腕、身体のコアな部分、背中とか、本当に役立っている。今のこの時期は力を高めることが重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | トロ・ロッソ