ジャン・エリック・ベルニュ
ジャン・エリック・ベルニュは、世界のトップレーシングドライバーの一人でい続けることに熱意を燃やしている。

レッドブルのジュニアチームであるトロ・ロッソで3年を過ごした後、F1レースシートを失ったジャン・エリック・ベルニュだが、シミュレータードライバーとしてフェラーリに新たな居場所を見つけて夢への道を繋いだ。

すでにフェラーリでの仕事を開始したジャン・エリック・ベルニュは「僕は今でもF1での未来がある」と Auto Hebdo にコメント。

「今年は興味深い技術的な知識を得られるし、もちろん、それはグランプリに参戦しながら学んできたものとは違っているだろう」

「2016年のこととか、再びレギュラードライバーのシートを見つけられる可能性といった話はしたくない。なぜなら、今の僕の一番の目標は、フェラーリがまた活躍できるように協力に全力を尽くすことだからね」

だが、F1のシミュレータードライバーとしての活動する一方で、フォーミュラEでレース活動を継続しているジャン・エリック・ベルニュは、世界耐久選手権への参戦も否定していない。

「耐久レースは興味深いチャンピオンシップだ。LMP1クラスはF1とそんなに違わないし、トラック上でのレース活動が僕にとって損になることはない。そうだね、LMP1に選択肢はあるし、フォーミュラEにも機会はあると言っておこうかな」

ジャン・エリック・ベルニュは、フォーミュラEのマシンはこれまでドライブしてきたトロ・ロッソのパフォーマンスレベルにも及ばないと認めつつも、電気自動車のレースを楽しんでいると述べた。

「フォーミュラEマシンはかなり重い。でも、まだ初年度だし、近い将来にはもっと開発されていくはずだ。特にエネルギーを温存できるように頑張らなければならない。ただ、コックピットの状況的には全体的にF1よりもはるかに少ない」

「とても難しいけど、4輪車だし、ステアリングホイールもついている。それが一番重要なことだ」

「過去3年間に僕が乗ってきたマシンは、予選でパーフェクトラップを走れても、トップ10を狙えるようなマシンではなかった。ちなみに最小重量が10kg重かった2014年のことではないからね」

「自分以外のドライバーが乗るマシンと変わらない、上位のポジションを争えるマシンに乗られることは嬉しいと認めるしかない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャン・エリック・ベルニュ | フェラーリ | WEC (FIA世界耐久選手権)