ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーンは、第2回 F1バルセロナテスト初日にマクラーレン・ホンダ MCL32で80周を走行して、10番手タイムとなる1分22秒537を記録した。

ストフェル・バンドーン (マクラーレン・ホンダ)
「今日は複雑な一日だった。パワーユニットに問題が起き、チームのみんなにはフラストレーションが溜まったと思うけど、チームはうまく問題を解決してくれて、午後はコースに戻れた。走行時間を失うのは好ましいことではないけど、コース上では多くのテストプログラムを消化しており、今日もマシンについての理解が深まった」

「また、さまざまな空力やマシンバランスのセッティングを試すとともに、オーストラリアGPに向けて準備すべき手順の学習やマシンの挙動確認もできた。理想的なテストのスタートではなかったものの、起こった問題を考慮すると、悪くない数の周回を重ねられたし、明日はさらに走行時間を確保して、メルボルンで前進するための有益なデータを収集できればと思う」

F1 第2回バルセロナテスト 初日:フェリペ・マッサがトップタイム
F1 第2回バルセロナテスト 初日:フェリペ・マッサがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ストフェル・バンドーン