ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、自身とルイス・ハミルトンを比較されることを拒んでいる。

2007年、当時ルーキーだったルイス・ハミルトンは、マクラーレンで彗星のごとくF1デビューを果たし、ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソを苦しめた。

そして、今年、ストフェル・バンドーンは、ルーキーとしてマクラーレン・ホンダでそのフェルナンド・アロンソとチームを組む。

「僕はハミルトンになりたいわけではない」とストフェル・バンドーンは La Gazzetta にコメント。

「僕はバンドーンになりたいし、全力を尽くしていく」

「フェルナンドと僕との関係には何も予想していない。これまでフェルナンドとバトンからアドバイスされたわけではない。でも、サーキットでは常に彼らの近くにして、見て、学ぼうとしていた」

「でも、僕には自分のスタイルがある」

また、ストフェル・バンドーンは、2年前にF1に到達したルーキーのマックス・フェルスタッペンとの比較も拒んだ。

「マックスと僕は異なる道を通ってF1にきた。僕は少し遅れてレースを始めたし、多くの資金を持っていなかった。どのカテゴリーを走ればいいかもわからなかった」

「マックスはだいぶ早くに全てのことをした。僕はグランプリでの経験が不足しているけど、より準備はできている」

伝説のアイルトン・セナ、そして、アロン・プロストと同じチームでレースをすることについてストフェル・バンドーンは「ショーで何回かセナのクルマを走らせている。プロストのクルマもね。F1がどれくらい変わったかは驚くべきことだ」とコメント。

「彼らを真似ることは素晴らしいことだけど、今はそれについて話したくはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ストフェル・バンドーン | マクラーレン