ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、2017年のマクラーレン・ホンダのフル参戦にむけて、2016年シーズンは“有益”だったと振り返った。

2015年に圧倒的な強さでGP2シリーズを制したストフェル・バンドーンだが、2016年のマクラーレン・ホンダのシートはフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンで埋まっており、レースドライバーに昇格することはできなかった。

負傷したフェルナンド・アロンソに代わってF1デビューする機会を得たバーレーンGPでは、予選でジェンソン・バトンを上回り、チームにシーズン初ポイントとなる10位入賞をもたらした。

また、レース勘を鈍らせないために日本でスーパーフォーミュラに参戦したストフェル・バンドーンは、2勝を挙げている。

「すでにF1にために十分に成熟していたと思うけど、最高の環境のままでいられるシートは空いていなかった」とストフェル・バンドーンはコメント。

「スーパーフォーミュラは日本の文化に身を置いて、ホンダと密接に働く機会を与えてくれた」

「経験を積んで、より成熟することができた有益な形成の一年だった」

ストフェル・バンドーンは、2017年にジェンソン・バトンと交代するが、バトンはリザーブドライバー兼アンバサダーとしてチームに残る。

「ジェンソンのアドバイスがあり、フェルナンドがチームメイトであることに不満を言うことはできないよ!」

「業界で豊富な経験のあるジェンソンのフィジオであるマイケル・コリアーとフィットネストレーニングを進めてきた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ストフェル・バンドーン | ホンダ | マクラーレン