ストフェル・バンドーン
マクラーレンからのロン・デニスの離脱がストフェル・バンドーンの将来を危険にさらしているとの噂をベルギーのF1専門家が否定している。

ロン・デニスは、株主との権力争いに敗れてマクラーレンの最高責任者の座を追われた。ストフェル・バンドーンは、そのロン・デニスがレースシート昇格を強く後押ししていた。

しかし、Het Nieuwsblad でジャーナリストとコメンテーターを務めるGert Vermerschは「それがバンドーンに影響を及ぼすことはない」と主張。

「ストフェルは他の人々と同じようにマクラーレンにやってきた」

ロン・デニスがマクラーレンに連れてきたドライバーであるミカ・ハッキネンは、元ボスの退任にショックを受けていると認める。

ロン・デニスの性格が、株主の反感を買ったとの見方があるが、ミハ・ハッキネンは彼は横柄ではないと Gulf News に述べた。

「いいや、まったくそんなことはない。僕は素晴らしい時間を過ごした。彼がいなければ、2度のワールドチャンピオンにはなれなかっただろう」」

「彼はドライバーに非常に厳しリーダーだ。彼は、僕とチームメイトを非常に懸命に働かせた。ロンはそれをとてもうまく組織することができた。彼は偉大なリーダーだと思う」

「でも、時代は変わっているし、人々も変わった。あの頃とは少し考え方が違っている」

ロン・デニスの後任にはザク・ブラウンの名前が挙がっているが、マーティン・ウィットマーシュ、ヨースト・カピート、エリック・ブーリエもその役割にリンクされている。

「個人的にザクのことは知っているし、彼は素晴らしい人間だ」とミカ・ハッキネンはコメント。

「彼は成功のためにモチベーションを与えることができるジェントルマンだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ストフェル・バンドーン | ホンダ | マクラーレン