ストフェル・バンドーンのMarch 2017のF1情報を一覧表示します。

ストフェル・バンドーンまでも「マクラーレン・ホンダは最下位チーム」

2017年3月28日
マクラレーン・ホンダ F1
フェルナンド・アロンソだけでなく、チームメイトのストフェル・バンドーンも、マクラーレン・ホンダのF1マシンの遅さを嘆いている。

多くのオーブザーバーは、フェルナンド・アロンソのF1オーストラリアGP後のコメントが3年目を迎えてもまともに戦えないマクラーレン・ホンダに対して忍耐が限界に達している兆候だと解釈した。

ストフェル・バンドーン 「チームのためにマイレージを稼ぐことが重要」

2017年3月23日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、フルタイムのF1ドライバーとして初レースとなるF1オーストラリアGPでマクラーレン・ホンダのためにマイレージを稼ぐことに集中していくと語る。

昨年、負傷したフェルナンド・アロンソの代役としてF1バーレーンGPでF1デビューを果たしているストフェル・バンドーンだが、2017年は初めてのマクラーレン・ホンダのレギュラードライバーとしてF1フル参戦を果たすことになる。

ストフェル・バンドーン、初F1フル参戦に「この夢のために頑張ってきた」

2017年3月21日
ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ F1オーストラリアGP
マクラーレン・ホンダのF1ドライバーとして開幕戦オーストラリアGPでの初めてのフル参戦のスタートするストフェル・バンドーンが、メルボルンへの意気込みを買った。

「9月にマクラーレン・ホンダのフルタイムのレーシングドライバーとしてのポジションが発表されてから、オーストラリアのグランプリ週末までは長い時間だったように感じている。F1で初めてのフルシーズンをスタートできるのは素晴らしい気分だし、レーシングキャリア全体を通して頑張ってきた夢だ」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン 「こんな状況でのF1フルデビューは期待外れ」

2017年3月14日
ストフェル・バンドーン F1 マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーンは、マクラーレン・ホンダの信頼性問題が長引くなかでF1フルデビューすることは期待外れだと認める。

2015年のGP2チャンピオンであり、マクラーレンの育成ドライバーであるストフェル・バンドーンは、パドックからも非常に評価の高いドライバーだ。

しかし、ようやく手に入れたマクラーレン・ホンダでのF1フルデビューのチャンスだが、チームはホンダのF1パワーユニットの信頼性に苦しんでいる。

「マクラーレンのドライバーは不満を抑えなければならない」とバンドーン

2017年3月10日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、マクラーレン・ホンダのドライバーはフラストレーションと失望を制御しなければならないと語る。

今シーズン、ホンダの新型パワーユニットの信頼性とパフォーマンス不足により、ストフェル・バンドーンとチームメイトのフェルナンド・アロンソの忍耐は限界のところまできている。

ストフェル・バンドーン、マクラーレン・ホンダに団結を求める

2017年3月10日
ストフェル・バンドーン マクラーン・ホンダ F1
ストフェル・バンドーンは、マクラーレン・ホンダを悩ませるトラブルは「全ての組み合わせ」によるものだと述べ、状況を好転させるためにチームの団結を求めた。

今年、マクラーレン・ホンダでF1フル参戦を果たすストフェル・バンドーンだが、テスト3日目にはホンダのパワーユニットの電気系トラブルにより、赤旗の原因となる2度のストップに見舞われ、48周しか走行できなかった。

ストフェル・バンドーン 「理想的なスタートではない」

2017年3月8日
ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーンは、第2回 F1バルセロナテスト初日にマクラーレン・ホンダ MCL32で80周を走行して、10番手タイムとなる1分22秒537を記録した。

ストフェル・バンドーン (マクラーレン・ホンダ)
「今日は複雑な一日だった。パワーユニットに問題が起き、チームのみんなにはフラストレーションが溜まったと思うけど、チームはうまく問題を解決してくれて、午後はコースに戻れた。走行時間を失うのは好ましいことではないけど、コース上では多くのテストプログラムを消化しており、今日もマシンについての理解が深まった」

ストフェル・バンドーン F1ヘルメット (2017年)

2017年3月4日
ストフェル・バンドーン ヘルメット 2017年
ストフェル・バンドーンの2017年のヘルメット。

今年、マクラーレン・ホンダでF1フル参戦を果たすストフェル・バンドーン。ベルギー出身のバンドーンは、ベルギー国旗のカラーであるブラック・レッド・イエローをアレンジ。ベースとなるゴールドの部分はラメ塗装、ブラックの部分はマット塗装となっている。

サイドにはイニシャルのSをデザイン。反対側はちょうどバンドーンが選んだカーナンバー2にもなる。BELL製。

ストフェル・バンドーン 「MCL32はウェットでも快適に感じられた」

2017年3月3日
ストフェル・バンドーン F1 マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーンは、F1バルセロナテスト最終日にマクラーレン・ホンダ MCL32で67周を走行し、7番手タイムとなる1分22秒576を記録した。

ストフェル・バンドーン (マクラーレン・ホンダ)
「フェルナンドと僕の二人ともが、大きな問題もなく、クルマで一日をフルに過ごせたのは本当に嬉しし、貴重なマイレージを十分に稼ぎ、2日間とも予定していた走行プランを終えることができた」
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム