ヤルノ・トゥルーリ 「CT01はバランスがいい」 (ヘレステスト最終日)

2012年2月11日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリは、ヘレステスト最終日にケータハムCT01で初走行。117周を走行した。

ヤルノ・トゥルーリ (ケータハム)
「マシンの第一印象は良かった。2011年から確実に進化しているし、シーズン前に作業を続けていくための良いベースがある。ここヘレスの一週間で信頼性は証明されたし、特にKERSと2012年タイヤに関して多くのデータを収集することができた。今後のテストでのセットアップの改善に役立つだろう」

ヤルノ・トゥルーリ、ケータハムとヴィタリー・ペトロフの推測を無視

2012年1月19日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリは、ヴィタリー・ペトロフとケータハムの彼のシートの推測について何も知らないとし、自分にはケータハムとの契約があると主張している。

ここ数日、ロータス・ルノーGP(現ロータス)のシートを失ったヴィタリー・ペトロフが、ケータハムに加入するとの噂が強まっており、今シーズンのレースシートについてヴィタリー・ペトロフがケータハムと交渉中であるとも報じられている。

ヤルノ・トゥルーリ、ペイドライバーを非難

2011年12月28日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリは、F1におけるペイドライバーの影響を非難した。

ヤルノ・トゥルーリは、2012年の契約があるにも関わらず、ルノーを放出されたヴィタリー・ペトロフにシートを奪われる可能性があると噂されている。

ヤルノ・トゥルーリは、ヴィタリー・ペトロフとブルーノ・セナによってスポンサー資金を得ていたが苦戦を強いられたルノーに言及した。

ヤルノ・トゥルーリ 「2012年のケータハムはポイントを狙える」

2011年12月24日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリは、2012年へのモチベーションは110%であり、ケータハムがF1のミッドフィールドに食い込み、初ポイントを狙えると主張している。

ヤルノ・トゥルーリは、2011年マシンの扱い、特にパワーステアリングに苦戦していたことも影響し、2012年には交代になるとの憶測が広まっていた。

だが、252戦のF1経験があるヤルノ・トゥルーリは、2011年は最悪の期間ではあったが、ケータハムがF1ミッドフィールドに食い込むという目標を理解してチームの3シーズン目への準備を助けることに集中していたと述べた。

ヤルノ・トゥルーリ:F1ブラジルGPプレビュー

2011年11月20日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリが、2011年最終戦F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

ヤルノ・トゥルーリ (チーム・ロータス)
「ブラジルはいつも楽しみにしているトラックだけど、これまであまり運はなかった。オールドスタイルのトラックのひとつだし、現代的なサーキットの多くでみられるようなストップ/スタートのロングストレート〜タイヤなコーナーというトラックではない」

ヤルノ・トゥルーリ、シート喪失の危機?

2011年11月13日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリが2012年のシートを失うとの噂が広まっている。

チーム・ロータスの9月のプレスリリースではヤルノ・トゥルーリの契約に言及しているが、実施にレースをすることには触れていなかったと一部の皮肉屋は指摘している。

「少なくとももう一年チームの前進の手助けができることを非常に誇りに思っている。待ち受けているチャレンジを楽しみにしている」とヤルノ・トゥルーリはリリースでコメントしていた。

ヤルノ・トゥルーリ:F1アブダビGPプレビュー

2011年11月8日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリが、F1アブダビGPへの意気込みを語った。

ヤルノ・トゥルーリ (チーム・ロータス)
「アブダビを楽しみにしている。ここ数レースは運がなかったし、ヤス・マリーナではその向きが変わって、今年チームが10位を獲得する手助けができることを願っている。一年で最もチャレンジングなサーキットというわけではないけど、施設は素晴らしいし、路面もグリップがある」

ヤルノ・トゥルーリ、マルコ・シモンチェリ 追悼ヘルメット

2011年10月28日
ヤルノ・トゥルーリ マルコ・シモンチェリ
ヤルノ・トゥルーリは、今週末のF1インドGPをMotoGPで事故死したマルコ・シモンチェリを追悼したヘルメットで戦う。

先週末のMotoGP マレーシアGPで、マルコ・シモンチェリは転倒して後続車と接触したことにより命を落とした。若い才能を失ったことに、カテゴリーを問わずモータースポーツ界からは多くの哀悼の意が寄せられている。

ヤルノ・トゥルーリ:F1インドGPプレビュー

2011年10月25日
ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリが、F1インドGPへの意気込みを語った。

ヤルノ・トゥルーリ (チーム・ロータス)
「インドをかなり楽しみにしている。目標日にトラックを自転車で走って、サーキットを詳しく調べてみるつもりだ。マシンの乗れば、たいてい4〜5周以内で慣れることができる。韓国/鈴鹿仕様と同程度のダウンフォースレベルで走ることになるし、その両方のトラックでのレースで僕たちは本当に競争力があったので、インドもオーケーだと思う」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム