ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリは、今週末のフォーミュラE 第2戦マレーシア・プトラジャヤ大会で急遽トゥルーリのマシンを走らせることになった。

ヤルノ・トゥルーリは、今シーズンでレースドライバーから退き、トゥルーリ・フォーミュラEチームはヴィタントニオ・リウッツィとサルバドル・デュランをドライバーに起用した。

トゥルーリ・フォーミュラEチームは、開幕戦の中国・北京大会では、税関の問題によってマシンが足止めを食らい、1周も走ることができなかった。

第2戦ではその問題は解決されたが、サルバドル・デュランの問題でヤルノ・トゥルーリが走ることになった。

「サルバドルは契約違反をしていた」とヤルノ・トゥルーリは Autosport に述べた。

「土壇場での連絡で、我々はここで彼を交代させなければならなったが、他に誰もいなかった」

サルバドル・デュランは、プトラジャヤに入り、週末を通してチームとともに行動すると見られている。

サルバドル・デュランが、第3戦以降に参戦するかはまだ不明となっている。

サルバドル・デュランが戻ってくるか質問されたヤルノ・トゥルーリは「そう願っている」とコメント。

「我々はサルバドルが好きだし、彼はナイスな男だ」

ヤルノ・トゥルーリは、マレーシアではチームにとってマイレージが限られていることを認める。

「パワートレインに取り組み、全てをチェックし、確実にする必要がある」とヤルノ・トゥルーリは述べた。

「我々は Motomaticaとともに前進しており、彼らは問題を解決し、ダイナモでエンジンマップの全てを走らせている。問題ないはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヤルノ・トゥルーリ | フォーミュラE