ルマン24 2016 速報
ル・マン24時間レースは、ゴールへのカウントダウンへと入った。

長かったレースも残すところ3時間。TOYOTA GAZOO Racingは2台のTS050 HYBRIDが、大きなアクシデントに見舞われることもなく、着実な走りでレースを通して首位攻防戦を繰り広げ、後半戦は1-3体制で周回を重ねて来た。

しかし、ライバルも僅差で迫っており、21時間を終えた時点でも、2台のTS050 HYBRIDを含めた上位3台が同一周回で競うという、近年まれに見る激戦が終盤へ向け繰り広げられている。いよいよチェッカーが目前となって来たが、TOYOTA GAZOO Racingは最後の一瞬まで気を抜くことなく、トヨタの初勝利を目指し戦い続ける。

TS050 HYBRID #5号車:(中嶋一貴、アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ)
18時間経過時点(セバスチャン・ブエミ): 1位 284周
19時間経過時点(アンソニー・デビッドソン): 1位 301周
20時間経過時点(アンソニー・デビッドソン): 1位 318周
21p時間経過時点(アンソニー・デビッドソン): 1位 334周

TS050 HYBRID #6号車:(小林可夢偉、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイ)
18時間経過時点(マイク・コンウェイ): 2位 284周
19時間経過時点(小林可夢偉): 2位 301周
20時間経過時点(小林可夢偉): 3位 318周
21時間経過時点(ステファン・サラザン): 3位 334周

関連:ル・マン24時間:劇的な展開でポルシェが逆転勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トヨタ | ル・マン24時間レース | WEC (FIA世界耐久選手権)