エイドリアン・スーティル 「マレーシアは総合力が試されるレース」

2014年3月22日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルが、2014年 第2戦 F1マレーシアGPへの意気込みを語った。

エイドリアン・スーティル (ザウバー)
「マレーシアは、シーズンで最も暑いレースのひとつだし、湿度も高いのでチャレンジだ。うまく準備しなければならない。特にレース終了後にその違いに気づく。全員がレースを走り切らなければならないし、ドライバーは限界までプッシュする」

エイドリアン・スーティル 「誰がトップでレースを終えるかは運次第」

2014年3月9日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルが、2014年のF1開幕戦オーストラリアGPへの意気込みを語った。

エイドリアン・スーティル (ザウバー)
「メルボルンは、いつもシーズン開幕戦にとって素晴らしい場所だ。楽しみにしている。都市は美しいし、トラックはいくつサプライズを生む。天候も役割を果たす。ちょっとした雨も降りそうだしね」

エイドリアン・スーティル 「タイムはあと4秒は上がる」

2014年2月2日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、2014年F1マシンがシーズン中に少なくとも4秒はタイムが上がるだろうと考えている。

先週、2014年初のプレシーズンテストがヘレスで実施されたが、ベストタイムはケビン・マグヌッセンの記録した1分23秒276。これは2013年の第1回テストでフェリペ・マッサが記録した1分17秒879よりはるかに遅い。

エイドリアン・スーティル 「チャレンジが待ち切れない」

2014年1月27日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、新しい燃料制限により、2014年は“より耐久レースのような”チャンピオンシップになると考えている。

2014年にドライバーが適応しなければならない変化のひとつは、100kgに制限されるレースでの燃料搭載量となる。それは昨年よりもほぼ60kg少ないことになり、エイドリアン・スーティルはそれを耐久レースに例えた。

エイドリアン・スーティル、ザウバー移籍は“爽やかな変化”

2014年1月13日
エイドリアン・スティール
エイドリアン・スティールは、8年間過ごしたフォース・インディアからザウバーへの移籍を“爽やかな変化”だと表現した。

エイドリアン・スーティルは、ミッドランドを名乗っていた2006年にチームに加入。2007年にスパイカーとなった際にレースシートを確保し、その後フォース・インディアとなっても同チームでF1を戦ってきた。

エイドリアン・スーティル 「2014年は小規模チームにとってチャンス」

2013年12月25日
エイドリアン・スーティル
ザウバーに移籍するエイドリアン・スーティルは、2014年のF1のレギュレーション変更は、シーズンスタートで小規模チームが“特別な結果”を成し遂げるチャンスを与えてくれると考えている。

F1チームは、1月末の冬季テストのスタートに向けての準備に追われているが、エイドリアン・スーティルは、2014年の大改革が上位を走ることに慣れてきたチームにサプライズを起こすチャンスを提供すると考えている。

エイドリアン・スーティル、ザウバー C33でシート合わせ

2013年12月18日
エイドリアン・スーティル
2014年にザウバーに移籍するエイドリアン・スーティルが、早速2014年F1マシン「C33」でシート合わせを行った。

6年間フォース・インディアに在籍したエイドリアン・スーティルだが、2014年からニコ・ヒュルケンベルグと入れ替わる形でザウバーに移籍する。

ザウバーは、シート合わせを行うエイドリアン・スーティルの画像を公開。

エイドリアン・スーティル、ザウバー移籍で初表彰台を目指す

2013年12月18日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、2014年に移籍するザウバーでF1キャリア初の表彰台を獲得できると自信をみせている。

フォース・インディアで過ごした6シーズン(2007年はスパイカー)でのエイドリアン・スーティルのベストリザルトは、予選で2番手につけた2009年のF1イタリアGPでの4位となっている。

ザウバー、エイドリアン・スーティルとの契約を発表

2013年12月13日
エイドリアン・スーティル
ザウバーは、2014年のドライバーとしてエイドリアン・スーティルと契約したことを発表した。

エイドリアン・スーティルは、1年のブランクを経て、今年フォース・インディアでF1復帰。

しかし、フォース・インディアは、2014年にニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスを起用することを発表していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム