エイドリアン・スティール
エイドリアン・スティールは、アブダビでの最終戦後の活動が未定であることを認めている。

フォース・インディアとザウバーでF1ドライバーを務めたエイドリアン・スーティルは、今シーズン序盤にバルテリ・ボッタスが背中に怪我に悩まされた際にウィリアムズのリザーブドライバーに就任した。

しかし、2016年の活動について質問されたエイドリアン・スーティルは「まだ何も決まっていない。まだちょっとオープンな状態だ」と Sky Deutschland にコメント。

「今発表できることはあまりない」

だが、マノーは、1000万ドル(約12億円)でシートを売りに出しているとされ、エイドリアン・スーティルのF1レース復帰の可能性がまったく潰えているわけではない。

エイドリアン・スーティルは、F1を離れて別のシリーズに参戦する可能性を示唆しつつも「F1ではとても多くのことが非常に素早く起こるので、常にドアを開けたままにしておかなければならない」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エイドリアン・スーティル | ウィリアムズ