セルゲイ・シロトキン F1 シルバーストーンテスト
ルノーは、F1シルバーストーンテスト初日にセルゲイ・シロトキンが48周を走行し、10番手タイムとなる1分36秒891を記録した。

セルゲイ・シロトキン (ルノー)
「F1カーでの時間を得られるのはいつだって刺激的だ! 今日は手順に従ってクルマの開発を進めることが重要だった。僕たちは純粋なパフォーマンス走行はしなかったし、クルマに搭載した新しいパーツの測定と評価をすることに重きを置いた」

「ウェットとドライコンディションの両方でクルマで良い時間を過ごせた。スリック、インターミディエイト、フルウェットとピレリのタイヤレンジを詳しく調べて行った。僕にとって再び素晴らしい機会、そして、経験になった。残念ながら、今日は天候はどうすることもできなかった。雨のなかを走るのは好きだけど、ドライで走るのも素晴らしいよね!」

関連:F1シルバーストーンテスト 初日:フェルナンド・アロンソがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルゲイ・シロトキン | ルノー