セルゲイ・シロトキン
ルノーがセルゲイ・シロトキンを新しいテストドライバーとして発表したことはF1界を驚かせた。

2013年、まだ10代だったセルゲイ・シロトキンは、財政難のザウバーのための“ロシアの救済契約”の中心として大きな話題となったが、最終的には契約がまとまることはなかった。

現在、セルゲイ・シロトキンは、ロシアの銀行とウラジミール・プーチンに関連したSMPレーシングからGP2に参戦している。

火曜日にセルゲイ・シロトキンは「ソチで僕の同国人の前でスタートする僕のキャリアに素晴らしいサポートを与えてくれたSMPレーシングに感謝したい」と述べていた。

実際、セルゲイ・シロトキンは、F1ロシアGPの金曜フリー走行1回目にケビンン・マグヌッセンに代わってルノー R.S.16を走らせる。

ルノーは、セルゲイ・シロトキンの走行が「ルノー・スポールとSMPレーシングのコラボレーションにとって良いスタート」だと声明で述べた。

セルゲイ・シロトキンは、2016年シーズン末までルノーのテストドライバーも務める。

マネージャーを務めるニコライ・ヴェトロフは「サインされた契約は2016年末までだ」と Tass にコメント。「その後、延長の可能性を見てみるつもりだ」

また、セルゲイ・シロトキンのソチでの走行は一回限りではない可能性もあるようだ。

「彼が金曜プラクティスに定期的に参加できるとしたら、それは見込みのある非常に良い取り決めだ」とロシア自動車連盟のプレジデントアドバイザーを務めるイゴール・エミリンは Rio Novosti に述べている。

しかし、ケビン・マグヌッセンが“ペイドライバー”に金曜日を譲らなければならないというこのニュースは、母国デンマースのメディアを悩ませている。

「とても驚いている」と BT は報道。「ルノーは必死にお金を必要としているチームであるはずがない」

同紙は、シートを譲るのが、中国を最下位で終えたジョリオン・パーマーではなく、ケビン・マグヌッセンであることも意外だと報道。

「ケビンは土壇場でチームに入ったが、パーマーは全てのセッションとレースで走るという隙のない契約を有しているということかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルゲイ・シロトキン | ルノー